美容効果もあって実は風邪でも入れる「お風呂」のコト

本格的に寒さが増し、長湯したくなる気候になってきましたね。
そんな気候だからこそ今回は「お風呂」について注目してみたいと思います。
 
 日本では6世紀ころに中国から仏教が伝来した時、僧侶のために建立された寺院には湯堂、浴堂とよばれる沐浴のための施設が作られました。仏教においては「仏に仕える者は身を清めることも大切な行」とされたためです。そして、『仏説温室洗浴衆僧経』という経典に、「お風呂に入ることは七つの病を除き、七つの福が得られる」というものがあり、入浴が奨励されたそうです。
  当時の風呂は湯に浸かるわけではなく、薬草などを入れた湯を沸かしその蒸気を浴堂内に取り込んだ蒸し風呂でした。そのため、風呂は元来、蒸し風呂を指す言葉と考えられており、現在のような入浴スタイルは江戸時代に入ってからといわれています。お風呂というのは贅沢なもので、たまに入るものであり、一種の娯楽だったようです。武士や一般庶民は普段は水でカラダを洗う「行水」、または水でただ汚れを落としていたようです。ちなみに、昔の「湯」は今でいうお風呂と同じで、昔の「風呂」は今でいうサウナのことでした。

★湯船に浸かって良いこと尽くし
 
①温熱効果 
 湯船に浸かればカラダは温まります。するとカラダの中では酸素や栄養素を含んだキレイな血液が流れやすくなり、老廃物などを含んだドロドロした血液を押し流していくのです。湯船に浸かり、カラダの中が温まることによっておこる現象であるため、シャワーでは表面的にしか体が温まらず、血行促進効果が低いため温熱効果はあまり期待できません。

        < 血行促進により老廃物の排出を促し、肌に必要な酸素や栄養素が行き渡りやすくなる >
                           ⇊ ⇊ ⇊
          < 肌のキメが整う、透明感が出る、血色がよくなる、くすみやクマが解消できる >
                           ⇊ ⇊ ⇊
                          
< 美肌効果 >
                        

 ②水圧効果 
 お湯に浸かったときについ、「ふぅ~」と言ってしまうことはありませんか?この時、実は水圧で足にたまった血液が押し戻され、心臓の働きを活発にし、血液の循環を促進しているのです。この働きが全身への穏やかなマッサージ効果を生み、全身の血行が良くなるのです。入浴中にマッサージをしたり、足をピンと伸ばしたりなど、軽く柔軟をするだけでもむくみ改善効果は上がります。
                        < 水圧がかかる >
                           ⇊ ⇊ ⇊
                    < 足にたまった血液が全身を巡る >
                           ⇊ ⇊ ⇊
                         
< むくみ改善 >
        
 ③浮力効果 
 プールや湯船などの水の中では浮力がかかり、体重が軽く感じられますよね。その時カラダの中では全身を支えていた関節や筋肉が重みから解放され、緊張がほぐれて全身がゆったりとリラックスした状態になるのです。そしてカラダの緊張がほぐれると、脳への刺激も減少するので精神的にもリラックスするのです。心身ともにリラックスすることにより更に血管が拡張し、血液の循環が良くなる効果があります。
                    < 浮力がかかってカラダが軽くなる >
                                                                                                 ⇊ ⇊ ⇊
                                                        < 筋肉が重みから解放され、脳への刺激も減少する >
                                                                                                 ⇊ ⇊ ⇊
                                                                          
< 心身ともにリラックス効果 >

★インフルエンザや風邪の時のお風呂の入り方
 
 「風邪をひいている時はお風呂に入ってはダメ!」と言われたことはありませんか?それは昔の日本の住宅事情にあったようです。昔の日本では自宅に風呂がなく、外の銭湯へ通っていたことが多く、お湯に浸かると体力を使ううえに、お風呂上がりに外気にさらされるなど、風邪を悪化させる要因が多数あったため、風邪気味の時は避けた方がいいと思われていました。しかし今では自宅にお風呂があることが一般的です。風邪を悪化させる要因が減ったため「風邪をひいていてもお風呂に入って大丈夫」と変わってきているのです。
インフルエンザや風邪であっても、38℃以下の熱で体調がさほど悪化していなければお風呂に入ることにより体内温度が上がることで免疫力がアップし、蒸気が鼻や喉の粘膜についたウイルスを弱らせ、症状を緩和します。
 
☝ インフルエンザや風邪の時の入浴のポイント ☝

 ①熱が38度以下であること
 ②お湯の温度は40℃位を目安に短時間で入る
 ③シャワーだけではダメ、必ず5分でも湯船に浸かる
 ④風呂に入る前と後にそれぞれコップ1杯ずつの水分補給をする

以上を守って入浴すれば免疫力がアップして回復が早まる効果があります。
とは言え、症状によっては入らない方がいいこともあります。

×× 入らない方がいい状態 ××

 ❶乳幼児や高齢者(免疫力が低いため)
 ❷38度以上の高熱を出している時(入浴により、余計に体力を消耗し、病状が悪化する恐れがあるため)
 ❸食中毒などからくる病原菌による嘔吐や下痢の症状の時(他の家族に病気がうつる可能性があるため)
 
今年はインフルエンザの流行が早いと言います。これを機に、しっかり湯船に浸かって風邪対策をしつつ、リフレッシュをしてはいかがでしょうか?