腸内フローラって?

腸内フローラ?

イメージ

最近よく耳にするようになった「腸内フローラ」。
電子顕微鏡で腸内を見るとその様子が花畑のように見えることから「腸内フローラ(腸内細菌叢:ちょうないさいきんそう)」と呼ばれるようになりました。

健康な人の腸内環境は、小腸の終わりから大腸にかけて100種類以上、総数約100兆個の腸内細菌がバランスよくすみついています。

おなかがスッキリしない、お肌の調子が良くない、ダイエットの成果がなかなか出ない…
あなたのお悩みは、あなたの「腸内フローラ」が影響しているかもしれません。

腸内細菌のこと

イメージ

腸内細菌は、有害な菌が簡単に体内に入らないよう守ってくれる存在です。
大きく3つに別けることができ、体に良い菌(善玉菌)、悪い菌(悪玉菌)、良いとも悪いとも言えない日和見菌の3つに分けることができます。
お互いに定住するためのすみかを奪い合う戦いが常に行われています。

悪玉菌が優勢になった場合は、腸内が汚れ、老化が早まり、免疫力が低下、感染症を引き起こしやすくなるため、病気にかかりやすくなる可能性があります。
善玉菌が腸の中にたくさんある人は、悪玉菌の力を弱め、免疫力・抵抗力が強化されるため、長生きで、生活習慣病にもなりにくいといわれています。

そのため、善玉菌が優勢になる腸内環境を整えることが大切です。

善玉菌をふやすには

イメージ

腸内フローラは、食事やストレスなどによって変動します。

ヨーグルト・納豆・チーズ・お味噌汁・お漬物などの乳酸菌、
たまねぎ・ごぼう・大豆・にんにく・味噌・お醤油などのオリゴ糖、
ブロッコリー・れんこん・こんにゃく・わかめ・昆布・玄米・そば・さつまいもなどの食物繊維をとりましょう。

定期的に摂取し、腸内で善玉菌をふやす環境にすることをオススメします。