免疫力低下の原因 抗菌・除菌の落とし穴

こんにちは。腸活スタッフです。

 

日本人ほど世界的にみて清潔好きな民族はいません。日常生活を送る中で、「抗菌・除菌」などの言葉を、どこにいってもよく見かけますよね。しかしアトピーなどのアレルギー対処法として、あまりにも清潔にしすぎるのはかえって逆効果になることがあるのです。

 

 

【清潔すぎると身体が弱くなる】

清潔にすることが健康の大切な条件だと思っていませんか?いいえ、違います。それが逆に身体を弱くしている原因となります。どんなに暮らしが快適に変わっても、私たちの身体の細胞は大昔から同じです。

日本では1970年代生まれの人たちから、一気にアトピー性皮膚炎や喘息、花粉症などのアレルギー疾患に悩む人が急増してきました。「抗菌・除菌」だと言われだしたのは、ちょうどこの年代くらいからなのです。

確かにアトピー性皮膚炎などアレルギーの原因は、化学物質や食品添加物の影響も大きくあります。しか、しそれらの有毒な物質に抵抗する力そのものが落ちてきました。

その原因が「抗菌・除菌」などの清潔すぎる生活なのです。

 

 

【無菌生活の落とし穴】

生活をする中で、私たちはさまざまな菌たちに囲まれています。それらの菌と触れ合うことは免疫力を高め、健康を維持する上でとても大切なことです。しかし今は、何かと抗菌・除菌の時代となってしまいました。

悪玉菌は常に悪者扱いをされてしまい、そのとばっちりをうけて、善玉菌も一緒に殺菌されてしまい、無菌状態になっています。無菌状態となった環境では、抵抗力も免疫力もつきません。これではアトピー性皮膚炎や喘息、花粉症などを起こすアレルゲンに簡単に負けてしまう体質になってしまいます。

 

【悪玉菌も必要】

悪玉菌は、確かに皮膚や腸内で増えると悪さをしてくる病原性が高い菌です。しかし悪者扱いばかりしてはいけません。実は大切な役割があるのです。それは免疫力をつける事です。人間の細胞は昔から変わっていません。私たちの身体は、自然と悪玉菌に対する免疫力をつける方法を知っているのです。

 

 

【赤ちゃんの時は様々な菌に触れる事が大切!】

最近の研究によると、人の腸内細菌の種類は、生まれて一年で決まってしまうことが判りました。

その1年間で、どの程度「菌」との付き合いがあったかで腸内細菌の種類が決まります。

 

 

赤ちゃんは、何でも口に運んで舐めたがります。それは少しでもたくさんの菌を身体に入れて腸内細菌を作り、免疫力をつけるためです。ところがアトピーの赤ちゃんの便を調べたところ、半数はまったく大腸菌がいない状態だったようです。

悪玉菌がまったくいないのでは、バランスが崩れてしまいます。あえて悪玉菌を取り入れることにより、身体は抵抗力がつき免疫力がアップするのです。

 

赤ちゃんが舐めているものを「汚い!」といって、取り上げてばかりいると、免疫力がつかなくなってしまうことに……。ほ乳瓶などを消毒してあげることも、免疫力をつける妨げになってしまいます。

 

【離乳食以降の食生活】

 

善玉菌と悪玉菌のバランスは離乳食以降の食生活によって決まっていきます。

そのための理想的な食事の基本は「和食」。善玉菌の好物は、食物繊維を豊富に含む野菜、豆類、そして味噌や納豆など発酵食品など。和食なら、味噌汁や鍋、煮物、和え物などレパートリーも豊富です。もちろん洋食メニューにも塩糀や醤油糀などの発酵調味料を使えば、麹菌などの善玉菌をおぎなうことができます。赤ちゃんの未来の健康のために、発酵食品や食物繊維をふんだんに使った食事を取り入れていきましょう。

まずはお母さん自身の食事を和食中心に心がけ、赤ちゃんには離乳期後半から納豆や味噌、甘酒などの発酵食品をスタートするのがおすすめですよ。

 

 

最近は、清潔志向が高まっていますが、あまりに極端に無菌、除菌とは考えずに、適度に菌がいる腸内環境を意識した方が良いかもしれません。