妊娠初期の便秘の3つの原因と解消法 〜食事・運動・生活編〜

こんにちは。腸活スタッフです。

妊娠が分かり、嬉しさと同時に不安になる妊娠初期。つわりが始まったり、色々な症状が出始めたり・・・。そんな妊娠の症状の1つに便秘があります。辛い便秘。妊娠初期は赤ちゃんへの影響を心配して、いきむのも不安になりますよね?

今回は、妊娠初期の便秘の原因と対策についてご紹介します。
 


 

【妊娠初期の便秘の3つの原因】
 

(1)妊娠によるホルモンの分泌量の変化

妊娠すると、黄体ホルモンの分泌量が多くなります。この黄体ホルモンは、女性ホルモンの1つです。

実は、この黄体ホルモンの働きこそが、便秘の原因になっているのです。

 

妊娠継続には、妊娠前よりも多くの水分を体内に蓄える必要があります。そのため黄体ホルモンの働きにより、大腸からたくさんの水分を体内に吸収します。このため、腸内の水分が減り、便が硬くなって便秘になりやすいのです。

また、黄体ホルモンには子宮の収縮や腸の蠕動運動を抑制する働きがあり、その影響で腸の動きが低下して、便秘になりやすくなるのです。



 

(2)子宮の変化と運動不足

妊娠すると子宮が大きくなります。日に日に大きくなる子宮は次第に腸を圧迫するようになり、便の通り道を狭めて、便が詰まったり、腸の蠕動運動を妨げて便秘を引き起こします。

 

さらに、妊娠による眠気やつわりで以前よりも運動量が減ってしまうと腹筋が衰えます。腹筋は腸の蠕動運動を活発に行うために必要な筋肉なので、腹筋が衰えれば当然便秘になりやすくなるのです。



 

(3)疲労やストレス

正常な排便を促す腸の蠕動運動は、自律神経のうちの1つ副交感神経によりコントロールされていますが、母体がストレスを受けると副交感神経が正常に機能せず、腸の蠕動運動が鈍り、便秘になります。

妊娠初期はつわりや眠気などの様々な体の変化を感じたり、出産や育児への喜びや不安など、気づかぬうちに何かとストレスを抱えやすいものです。ストレスは、便秘の原因となるだけではなく、お腹の赤ちゃんにもよくありませんから、上手にストレスやイライラを発散させることが大切です。


 

 

【妊婦さんの便秘解消法】
 

~食事編~

・食事の内容を見直す

つわりで食事の嗜好の変化がある時は無理をする必要はありませんが、食品の中でもなるべく精製されていない物を選ぶようにしましょう。

 

 

例)

雑穀米・玄米・発芽米

ライ麦パン・雑穀パン

 

精製されていない食品には繊維質やミネラルが多く含まれているので、白米を玄米に変えるなど、主食を変えるだけで便秘が良くなったという妊婦さんは多くいます。

他に根菜類、豆類など食物繊維の多いものは便秘に良いのですが、それらは不溶性食物繊維と言われるものです。摂り過ぎるとガスが発生し、妊婦さんはお腹が苦しくなりやすいので水溶性食物繊維が含まれる食べ物もバランスよく取りましょう。


 

~運動編~

・拭き掃除

意外に思われる方もいますが、掃除も立派な運動になります。その中でも特に窓拭きや四つん這いでの拭き掃除は効果的です。両腕を伸ばすので背筋を沢山使い、背中側にある腸を刺激することができます。


 

~生活編~

毎朝決まった時間にトイレに行く習慣をつくる

お仕事をされている妊婦さんは時間に余裕を持って起床し、朝食時に冷たい牛乳ミネラル分が多い硬水を合わせて飲みます。朝食後は胃腸が刺激されて蠕動運動が起こるので、その後トイレに行くようにすると排便が習慣化しやすくなります。

 

 

妊娠初期はホルモンバランスが変化し、体調不良になりやすいものです。最初のうちはその変化に戸惑ってしまうかもしれませんが、できることから改善していきましょう。日頃からリラックスをして、少しずつ食事や運動などの解消法を始めるようにしてください。安定期に入ると体調も落ち着き、自然と便秘が解消されることもありますよ。