腸年齢チェック 腸年齢の高齢化が及ぼすカラダへの悪影響

こんにちは。腸活スタッフです。

 

最近では“腸内環境”という言葉はすっかり定着しましたが、“腸年齢”という言葉はまだまだ知られていないと思います。そこで今回は、この“腸年齢”とは何なのか。腸年齢が高齢化すると一体どうなってしまうのか。以下の質問であなたの腸年齢をチェックしてみましょう
 

 

【腸年齢とは?】

「腸年齢」とは“腸内の善玉菌と悪玉菌などのバランスから、腸の状態を年齢で表したもの”(デジタル大辞泉より引用)で、具体的にこの善玉菌の量なら何歳と言えるものではありませんが、善玉菌が多いほど、腸年齢は若いとされています。

年齢を重ねると、善玉菌の数が減り、悪玉菌の数が増えるため、腸も老化します。しかし、同じ年齢でも、若く見える人と、老けて見える人がいるように、「腸年齢」が必ずしも「実年齢」と同じとは限りません。
 

 

【自分でできる腸年齢チェック】

以下の質問の中で、いくつ当てはまるかチェックしてみましょう。

 

・排便の時間は決まっていない
・おならが臭い
・タバコをよく吸う(1日に1箱以上)
・顔色が悪い、老けてみられる
・肌荒れや吹き出物、ニキビなどができる
・ストレスを感じる
・毎日運動不足である
・寝付きが悪い、寝る時間が遅い
・朝食は食べないこともある
・朝食は急いで短時間に食べる
・食事の時間は決まっていない
・野菜不足である
・肉が好きである
・牛乳や乳製品はあまり食べない
・外食が週に4回以上
・力まないと便が出ない


 

以上の中で当てはまるものはいくつあったでしょう?

チェックが4個以下の場合・・・腸年齢は実年齢と同じ、あるいは若いため、今の状態を保ちましょう。
チェックが5~9個の場合・・・実年齢+10歳です。実年齢より少し上なのでもう少し改善しましょう。
チェックが10~14個の場合・・・実年齢+20歳です。腸年齢は要注意、見直しが必要です。
チェックが15個以上の場合・・・実年齢+30歳です。是非真剣に見直すようにしましょう。

 

 

【腸年齢が高い原因と悪影響】

腸年齢が高くなる理由の1つに食生活の問題があります。脂肪分の多い肉料理が多く食べられるようになったことや、食物繊維など野菜類が減っていることも挙げられます。

その上、飲酒などの影響やストレスなども大きく関係すると言われています。腸年齢が高くなると、体臭、口臭などが強くなり、ワキガの人もより強いニオイになると言われているのです。また便秘のため毒素が体に逆流するため、肌荒れだけでなく内臓疾患にも関係します。そして免疫機能にも大きく影響を与えてしまうためアレルギーの原因になることもあります。

 

 

さて、みなさんは”腸年齢チェックでどのような結果が出たでしょうか?自分の腸内年齢が、本当の年齢よりどうなっているのか知ることで、腸内環境を改善していくきっかけになります。腸年齢の高齢化を防ぐためには、悪玉菌を減らして善玉菌を増やすことが先決。まずは、悪玉菌を増やす生活習慣をなくす努力をしましょう。