美肌効果!ニキビ・乾燥肌・肌荒れの原因と改善 

こんにちは。腸活スタッフです。

 
口コミ評価が高い化粧品を使っても、全然効果が感じられない…しみが消えない…ニキビが治らない…。そのお肌のトラブルは腸内環境の悪化が原因かもしれません。
便秘によって悪玉菌が増え腸内環境が悪化すると、肌トラブルが起こりやすく治りにくい、最悪の肌コンディションになってしまいます。

 

【うんち(便秘)とデトックス】

20代~30代の女性の約半数は「自分は便秘」という自覚があると言われています。自覚してない人を加えれば半分以上の方が便秘だと考えられます。
便秘になるとお腹がポッコリしてスタイル的によろしくない・健康に良くない・ガンのリスクが高まるなど様々なデメリットがありますが肌荒れやくすみが悪化して「美肌」が遠のいていくというのもその一つです。
一件関係なさそうに思えるうんち(便秘)の状態と肌の状態ですが、腸の機能を考えると納得です。体の外に出してしまいたい老廃物や有害な毒素などの約75%が便として排泄されるのです。(残りの約20%が尿として、5%が汗や爪などから排泄)
さらに便秘によって毒素が排泄されない状態になると悪玉菌が活発になり、その悪玉菌が有害物質を分泌するため毒素は増えていくという負のスパイラルに陥ってしまうのです。
岩盤浴でデトックスと言っても、前述の通り、汗で排泄できる毒素はわずかです。便秘が改善されなければ溜まっていた毒素75%分が若干減る程度なのです。


 
【肌トラブルの原因】

便として排泄されるはずだった有害な物質(毒素)はただ溜まっているのではなく、腸壁から吸収され血液に溶け込んでしまいます。血液をドロドロにして血液循環を悪くしたり、その血液が届いた先の体の様々な部分に害を及ぼします。
その結果肌のターンオーバーの乱れ、刺激に対する肌の抵抗力低下が起こります。ちょっとした刺激でもトラブルを起こしやすく、一度起きてしまったトラブルを回復するのに時間がかかるという最悪のコンディションになります。
 

~便秘によるニキビ~

便秘で起こる肌トラブルの代表であるニキビ。
便秘をするとニキビが出来やすいのは、有害物質が体をめぐることによる肌の新陳代謝や抵抗力の低下に加え、便として排出されなかった老廃物が出口(=毛穴)から外に出ようとするために起こります。

腸内環境が良い状態であれば、善玉菌によって生成されている皮膚細胞の再生、活性化や新陳代謝に必要なビタミンB群(ビオチン・ビタミンHなど)の生成が減少してしまっているため、炎症の抑制や肌の回復力が低下し、軽いニキビで治るはずのものも悪化してしまい、最悪の場合はニキビ跡が残ってしまうこともあります。
さらに便秘によって自律神経が乱れてホルモンバランスも崩れることが考えられます。生理前のニキビが出来やすい時期のような状態になってしまうのです。

 
~腸内環境による乾燥肌~

カサカサ・ひび割れ・粉ふき・かゆみ…保湿を心がけているのに乾燥肌が改善しないような場合も、便秘が根本的な原因である可能性があります。
便秘によって排出されなかった・悪玉菌によって生成された、有害毒素が皮膚機能を低下させているうえ、そういった状況の場合は有益な作用をもたらしてくれる腸内の善玉菌の活動が低下してしまっている為に、肌トラブルが改善しないのです。



【下剤は使わないで!】

とりあえずお腹に溜まっているものを出そう、溜め込んでいてはいけない…と下剤を使ってしまうのはNGです。便秘の解消=うんちを出すこと、と考えるよりも腸内環境を整えて毒素を溜め込まない体質になると考えてください。
下剤で無理矢理排泄すると確かに今ある便は出ていきますが、腸はダメージを受けて腸内環境がますます悪化して悪玉菌の増加、さらに便秘しやすい体質になる危険性があります。



【美肌作りのために腸美人になることが大事!】

便秘による腸内環境の悪化によって、肌も相当なダメージを受けてしまいます。
「美肌作り」に効く化粧品を塗りこんでも肌は常に内側から攻撃されている状態なので、肌に良いサプリメントやスムージーを飲んでも便秘も一緒に解消しない限りは劇的な改善・美肌効果を得ることは出来ない可能性が大です。


便秘体質もしくは便秘気味という自覚がある方は、腸内環境を整えて便秘を解消する事を考えたほうが結果的に美肌に近づきやすくなると言えます。
急がば回れ、努力を無駄にしないために善玉菌の多い「腸美人」を目指しましょう♪