腸内環境を悪化させる サプリメントの危険性と正しい選び方

こんにちは。腸活スタッフです。
 
「添加物」と聞くと、「体に悪そう」という悪いイメージを持っている方が多いと思います。
腸内フローラを整える食べ物がある一方で、腸内細菌にとって「添加物」は敵と言えるでしょう。
今回は、食品添加物の危険性、サプリメントの正しい選び方についてのお話です。

 
【食品添加物と危険性】
腸内環境を悪化させているのが食品添加物を大量に含んだ加工食品です。加工食品には合成着色料、合成保存料、発色剤、結着補強剤など、多種類の食品添加物がたくさん使われています。現在使われている食品添加物は一定の安全基準を満たしていますが、複数の添加物を同時に摂取した場合や、長年にわたって摂取し続けた場合の弊害は確かめようがないのです。
急増しているアトピー性皮膚炎や花粉症の原因の一つが食品添加物であるという説もあり、また、実験では合成着色料、合成保存料、発色剤、結着補強剤など、全てが腸内細菌の発育や増加に悪影響を及ぼしていることが確認されました。


 
また、先日ご紹介した「リーキーガット症候群」(腸内細菌が減ったことにより、腸粘膜に小さな穴が開いたことで、未消化の食品が血液中に入ること)を発症し、遅発性フードアレルギーの原因にもなります。

 
【サプリメントに使われる添加物はどんなものがあるの?】
添加物をつかうことで、食品をおいしそうに見せたり、いい香りを出したり・・安価で食品を作れるのですが、身体にいいものではありません。
サプリメントを作る時も、添加物なしに作ることは難しいですが、無添加のものであったり、食品に近い添加物もあります。

 
サプリメントには、
・ハードカプセルやタブレットタイプには、粉の流動性を上げるもの
・タブレットタイプには、粉を固めるもの
・カプセルの原料には、ゼラチンやグリセリン、セルロースなど
これ以外の香料や保存料、甘味料などの添加物はなくてもサプリを作ることができるので、これらのものがないものの方が安心です。
また、化学合成された添加物だけでなく、食品に近いものもあります。
ヤシ油から摂られた脂肪酸と、でんぷん由来のショ糖(砂糖)を組み合わせたショ糖脂肪酸エステルや、牛乳由来のブドウ糖や乳糖などがあります。


【サプリメントの成分表示について】
自分の目的に沿ったサプリメントを選択するためには、成分の表示確認が必須です。
成分表示の内容は、商品を吟味するためにはなくてはならないものです。
開示されている情報がいい加減なサプリメントは、商品の品質も信頼しづらいと言えるでしょう。
認可や資格を表すマークがパッケージに印刷されているサプリメントもあります。特定保健用食品のマークがあれば、厚生労働省の審査を通過して認可した食品やサプリメントと言えます。


基本的に有効成分とは別に、そのサプリメントにどのような添加物が入っているのかが、成分表示の原材料欄に表記されており、原材料名はサプリメントを作るために使用している材料のことです。
成分表示欄では、有効成分の他に、添加物が使われていればそれも表記することになっています。また、添加物であれ、有効成分であれ基本的には含有量の最も多いものから順番に書かなければなりません。

 
【良質なサプリメントを選ぼう!】
サプリメントはずっと飲むものなので、納得のできる良質な商品を選択したいものです。サプリメントの種類は膨大ですが良質なサプリメントを選ぶことが重要です。
良質なサプリメントほど天然成分にこだわり、できるだけ合成されたものや人工的な化学物質を使用せずに製造されています。

原料となる材料の質にも、注意を向けるといいでしょう。そのため、良質なサプリメントを選ぶ場合は添加物が少ないものが理想的です。そのサプリメントが良質かどうか知る手掛かりは、保存料や酸化防止剤に何が使われているかや、成分がどんなものかに注目してください。

実は大手企業が製造しているからといってサプリメントの全てが良質であるかは限りません。安心感や信頼性に関しては大手企業の方が秀でていると考えてしまいがちです。しかし、繰り返しにはなりますが、しっかりと成分の内容を確認して何が使われているかチェックし、安心して摂取できるサプリメントを探しましょう。