年越しそば

こんにちは。
もう今年も終わろうとしています。年越しといえば、昔ながらの日本の文化である年越し『蕎麦』です。年越しそばの習慣は江戸時代から存在し、その由来は諸説あり、昔から縁起の良い食べ物とされてきました。
今回はその『蕎麦』の栄養素と、年越しそばに是非トッピングして頂きたいものをご紹介します。
 
そばは主成分であるデンプン質の他に、白米に比べ、疲労回復に効果的なビタミンB群・ミネラル・ルチン・タンパク質・食物繊維などが豊富で、皆さんが思っている以上に栄養価は高いです。
この栄養価の高い『蕎麦』ですが、召し上がる際に注意していただきたいのは、ビタミンB1、B2、ルチン、ナイアシン、コリンは水溶性で、蕎麦のタンパク質の約半分も水溶性のため、蕎麦の栄養成分はそば湯に多量に溶け出しています。そのため、「蕎麦湯」も捨てずにぜひ召し上がってみてください。また、「蕎麦湯」には肝臓を保護するとともに解毒作用を促し、アルコールの分解を早める効果がありますので、お酒を飲む機会が増える年末年始にぴったりと言えます。
 
では次に、蕎麦と相性がよく栄養素を補ってくれる食材をご紹介します。
それはワカメです。海藻であるワカメはミネラルと食物繊維を豊富に含んでいます。栄養価の高いそばに更にワカメで栄養をプラスして摂ることで、偏りがちな年末年始の食事の栄養素を補いましょう。特に食物繊維は不足しがちなので、ワカメと一緒にネギもたっぷり意識的に摂っていただきたいと思います。
外出や人に会う機会も増える中、便秘でお腹が張っていると気分が晴れません。時間を満喫するには、まずは体調を万全に。毎日を充実させるには『食事』に目を向けることがスタートであり、基盤になります。年の締めくくりに、足りない栄養素を補う「ワカメ入りの蕎麦」を食べながら今年1年を振り返ってみてはいかがでしょうか?