腸活レシピ ブロッコリーとエビのガーリックオイル和え

こんにちは。
今回は栄養価が高く、今が旬のブロッコリーと旨み成分たっぷりエビを使用した常備菜レシピをご紹介します。
ブロッコリーは年中スーパーなどで見かけますが、本来旬は11~3月頃と言われています。野菜は旬の時期に一番栄養価が高く、美味しくなるので時期的にもおすすめの常備菜です。

【【常備菜】 ブロッコリーとエビのガーリックオイル和え】

材料
むきエビ……120g
ブロッコリー……150g(1株)
にんにく……2片
赤唐辛子……1本
オリーブオイル……大さじ3
塩……小さじ1/2

作り方

  1. エビは背ワタをとりさっと水で洗い、ブロッコリーは小房に分け、茎の柔らかい部分はスライスし、ニンニクはみじん切りにする
  2.  沸騰したお湯に2つまみの塩を入れブロッコリーを茹でた後、
  3. エビも沸騰したお湯で茹でザルにあげておく
  4. フライパンにオリーブオイル、にんにく、赤唐辛子、塩を入れ弱火にかけにんにくが香ばしくきつね色になってきたら火を止める
  5. ボールにブロッコリーとエビ、③のにんにくオイルを全て入れ、よく和える

出来上がり

サラダとしてそのまま召し上がっても美味しいですし、さっぱりとした味ですのでアレンジもしやすいかと思います。お酒を飲まれる方は、おつまみとして召し上がるのもおすすめです。

ブロッコリーは、緑色のつぼみ以外はついつい捨ててしまいがちですが、茎は加熱すると甘みが増しておいしくなり、食物繊維が多く含まれるので、無駄なく食べてみましょう。
ブロッコリーはビタミンCが豊富で、その量はピーマンやレモンを上回るものの、ブロッコリーのビタミンCは水に溶けやすいので、ゆで時間は短時間で、茹でる時に塩を少し加えるとビタミンCの損失を最低限に抑えられます。ビタミンCはメラニン色素の沈着を抑制し、シミなどを防ぎます。また、ブロッコリーには油との相性が良いβ―カロテンも豊富ですので、炒め料理にも向いています。このように、美腸にも美容にも良いブロッコリーは積極的に食卓に摂りいれて欲しいものです。そして、それぞれ適した調理法を知っておくと、食材がもつ力をさらに引き出せることができます。
もう1つの食材のエビ。エビの殻にはキチン質と呼ばれる食物繊維の一種も含まれています。今回はむきエビ使用していますが、小エビなどは殻ごと食べるのがおすすめです。
今後、この常備菜を使用したアレンジレシピもご紹介していく予定です。お楽しみに!