旬の食材 「柿」 の栄養素

こんにちは。
日に日に風が冷たさを帯びてきているように感じます。日中でも肌寒い日が増えてきましたね。気温が下がってきたからと、UV対策を最近は怠り気味という方もいるのでは?
知っている方も多いかもしれませんが、紫外線は夏以外でも出ています。雨の時でも例外ではありません。もちろん、曇りでもです。紫外線を浴びると、人間の 体は自分自身を守るために活性酸素を体内に多く発生させます。この活性酸素は一般的に言われている「老化」の原因になるそうです。その活性酸素に対抗する のが、最近みなさんもよく耳にする「抗酸化作用」です。
今回は、旬で尚且、お近くのスーパーでお手頃に手に入る抗酸化作用の高い『柿』についてお話しをしようと思います。

柿は女性に嬉しい効果・作用がとても多いのをしっていましたか?先に書きました、抗酸化作用にあたる、ビタミンC、タンニン、カリウムがとても豊富な柿。
ビタミンCに関しては、温州ミカンよりも豊富で、柿1個で一日の必要摂取量を保有しているのです。ビタミンCはシミそばかすを防ぎ、肌本来の透明感の回 復、美肌効果があります。また、コラーゲンが体内生成する際にも欠かせない栄養素です。ただ、このビタミンCは熱や水に弱いため、デザートに生のまま食べ たり、なますや白和えなどの料理に用いるのがおすすめです。
ビタミンCに続き、多い成分が強い抗酸化作用をもつタンニン。タンニンは柿の渋み成分であり、ポリフェノールの一種です。老化防止や動脈硬化の予防という体内の老化への効果が期待できます。
そして女性の方に嬉しい効果がある栄養素、カリウム。むくみ解消効果をはじめ、利尿作用、血圧を安定させる効果があります。

ですが、注意していただきたい点もあります。柿には身体を冷やす作用があります。冷えは女性にとって大敵。柿の食べ過ぎには注意してくださいね!この身体を冷やすという作用から、就寝前に召し上がるのはおすすめしません。

このように、食べ物にはそれぞれに栄養素と特性があり、その力が最も高まるのがいわゆる「旬」と言われる時期です。
今後も投稿を通し、このような食材や旬に関することや調理法など、お役に立てる情報を発信していきたいと考えています。みなさんがその時々で必要な栄養素を適切に、そして美味しく摂ることができるお手伝いができたら嬉しいです。
みなさんの毎日が健やかでありますように。