冬の 乾燥 を悪化させる悪習慣

こんにちは。
この時期、女性の皆さんが気になるのは「身体の冷え」と「肌の乾燥」ではないでしょうか。この2つの悩みは、寒い季節に共通して起こり得るものだとお思いの方、それには少し誤解があるかもしれません。今回は、そんな女性の『悩み』の原因と、その中でも「身体の冷え」「肌の乾燥」と食べ物の関係についてお話しします。
 
まず、最初に知っておいていただきたい知識として、多くの女性の『悩み』の原因の一つとして、「食生活の乱れ」が挙げられることが多いということです。もちろん、全てに当てはまるわけではありませんが、高い確率で原因の1つであることは確かです。
以前にもお話ししましたが、私たちの身体を作っているのは日々の食事ですので、私たちの体調と食事が大きく関わっていることは言うまでもありません。ですので、身体に起こる不調の多くが食事からきているというのにも納得がいきますよね。
では具体的に、食生活がどのように身体の不良に繋がっているかについてお話しします。
皆さんが日頃から好んで摂っている食事の内容や習慣が「悩み」を悪化させている可能性があります。その中でも今回は、「乾燥肌」を悪化させている習慣、食べもの、飲み物について簡単にではありますが、ご紹介します。
 
1、あまり水分を口にしない
 性別・年齢で差はありますが、人間の身体の50~70%は水分でできています。冬場、暖房下や外気など湿度の下がった状態にあると、皮膚からの水分がどんどん逃げていき、乾燥肌などのトラブルが起こります。これに伴い、体内からも水分が逃げていきます。もちろん、加湿器や保湿などの外からのケアも必要ですが、冬場も意識してこまめに「お水」を飲むといった、内かのケアも効果的です。汗を多くかく季節は、水分に加え少量の塩分も必要になります。
 
2、コーヒー
コーヒーに多く含まれるカフェインには、利尿作用があり、さらには体を冷やす働きがあります。体内の水分が排泄され、体が冷えると血流やリンパ液の流れが滞り、結果、代謝が悪くなり、乾燥肌に繋がります。毎日水分を沢山とっているという方も、その多くがコーヒーやお茶であるという人は、「お水」で水分摂取するようにしてください。
 ただ、これらカフェインには優れた働きもあるので、適量摂取は心身ともに良い効果があると思います。毎日の生活や習慣に潜む、過剰摂取にはお気を付け下さい。
※カフェインは、コーヒーだけでなくココア・チョコレート・緑茶・紅茶などにも含まれています。これらの食品の摂り過ぎにも注意してください。
 
3、ファストフード・お菓子・甘い飲料など
ファストフード・お菓子・甘い飲料はどれも、塩分・油分・糖分を多く含んだ食品の代表といってもいいでしょう。これらは、血液をドロドロにする作用とともに、腸内の悪玉菌が好むものです。これらの習慣的な摂取は、新陳代謝の低下と腸内環境の悪化を招きます。結果的に、肌の乾燥、身体の冷え、ひいては身体全体に悪影響をもたらします。
 
 
以上、肌の乾燥を招く習慣や食べ物について紹介しました。これとは逆に、肌の乾燥や冷えを防ぐために効果的な習慣や、食べ物もあります。こちらについては、次回の投稿でご紹介させて頂きます。
体の内側の健康と綺麗が、美しい肌や体といった外見にも繋がる事を『食』を通して、伝えていけたらと思います。