腸を鍛えて便秘改善 3つの方法

腸を鍛える、みなさんはどんなことを想像するでしょうか?
腸を鍛えるとは、腸内環境を積極的に改善してゆくことです。つまり腸内を善玉菌が優勢な状態にして、健康を維持してくれる強い腸を作ってゆくわけですね。元気な腸を作り維持するための、「腸を鍛える効果的な方法」を本日はご紹介します。
 


【腸を鍛える〜運動編〜】
運動をすることは筋力を使うので、間接的に腸に刺激を与えることになります。それにより、腸の蠕動運動が促され便が出やすくなります。便通が良くなれば、腸内環境が改善され善玉菌優勢になり腸は良い状態を保ちます。
腸を鍛えるなら、「有酸素運動」が一番効果的です。有酸素運動は、ウォーキング、ダンス、ヨガなどのように酸素を沢山摂り入れながら軽く汗をかく程度の運動です。この有酸素運動は副交感神経の働きを良くしてくれます。副交感神経は腸の蠕動運動に関わっているので、便秘の解消に効果があります。
ポイントは、自分に合った運動を毎日20分位続けることです。また、ストレッチも全身の筋肉がほぐれ、リラックス効果も高まります。この時、お腹の部分をひねるような運動を加えると腸を効果的に刺激し、鍛えてくれます。
 


 
【腸を鍛える〜ライフスタイル編〜】
ライフスタイルを変えると、どうして腸が鍛えられるのでしょう?
今の生活習慣が睡眠も十分、アルコールやたばこは控えめ、食事は和食主体で腹八分目なら、あなたの腸はしっかり鍛えられています。このまま良い状態を保ち続けてください。もし、これとは全く逆な状態ならば、お腹の中は悪玉菌が増え続けて、危険信号がお腹から出ているはず・・・。便秘、お腹が張る、太り気味、疲れやすい、思い当たることはありませんか?

 
・なるべく決まった時間に、3食(朝、昼、夕食)を摂る
・トイレタイムを作る(極力朝食後に設ける)
・睡眠時間は最低でも6時間は取る
・アルコール、タバコ、ジャンクフードは控える
・暴飲暴食は避け、週に2日ほどの「休肝日」(肝臓を労わる日)をつくる
・夜は完全にリラックスできる時間を作る(スマホ、パソコン、ゲームは控える)
 
これらのことは、体内時計を調整し、疲れを溜めない体を作ってくれます。疲れの溜まりにくい体は自律神経のバランスが整っている状態です。つまり腸が鍛えられよく働いてくれます。


 
【腸を鍛える〜サプリメント編〜】
善玉菌を食べ物から摂るには、ヨーグルトや漬け物などの発酵食品など、数々の物から摂る必要があります。このとき気になるのが塩分やカロリー、そしてレシピも考える必要もあります。運動は健康や腸内環境の改善に良いと分かっていても、毎日できなかったり、効果もすぐに現れなかったりで挫折しがちです。生活習慣を整えるのも、仕事が忙しければ難しくなってしまいます。
 


サプリメントのメリットとして、
・良質なサプリメントがたくさん出回っていて、その中から選ぶことができる
・各サプリメントに特質があり、自分に合わせて選べる
・一つのサプリに数種類の乳酸菌が混合されている物がある
・カロリーを気にする必要がない
・携帯に便利で外出先でも、どこでも摂ることができる
・たくさんの善玉菌が一回分にぎっしり詰まっている
・価格帯にバリエーションがあり、選びやすく続けやすい
 


どれも一般的な方法だな・・・。と思われたかもしれませんが、王道と呼ばれるものは案外地道です。しかし、必ず効果と成果を得ることができます。腸内細菌の善玉菌を増やして、体の働きを良くし、心を幸せで満たすために、腸を毎日鍛えていきましょう!
 


乳酸菌を超えた!超すっきりで美しく!
⬇⬇⬇⬇⬇⬇『美超習慣』⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇
http://www.chokatsulab.com