温腸活で便秘改善

「腸温活」というものをご存知でしょうか?その名のとおり、腸を温めるために色々なことをして、腸や全身の調子を良くする活動のことです。
女性に多い手足がひんやりとする冷え性以外に、みぞおち付近を触るとほんのりと冷たい方はいませんか?手足の冷え性もお腹が冷たい内蔵型の冷え性も、腸の冷えが原因となっている場合があります。腸を温めることによって、巡りの良い身体を手に入れましょう!
 


【腸が冷えると・・・】
腸が冷える=お腹が冷えると考えると、冷えによる影響はお腹を下すこと?と考えてしまいそうですが、腸の冷えは全身に関わっています。例えば、全身にはリンパ液が巡っていてリンパ液が滞ると浮腫みやすくなるというのはご存知の方も多いと思います。そのリンパ液は腸にたくさん集まっているので、腸が冷えてしまうとリンパ液が滞りやすくなります。
腸にリンパ液が貯まると、お腹周りがポッコリ出てしまいます。さらに腸が冷えると腸の動きが悪くなったり、体温が下がってしまいます。すると、基礎代謝が落ちてしまうので、痩せにくい体質になってしまいます。腸が上手く動かないせいで便秘気味になり、肌質も悪化します。

そこに浮腫みも合わさるので体重は増える一方です。肥満によってついた脂肪は、身体を冷やす原因となるので、さらに冷えが加速する悪循環になってしまいます。
 
また腸は全身の免疫機能の約7割を担っていると言われているので、腸の働きが悪くなると免疫力が低下して風邪を引きやすくなります。腸の中だけではなく全身の血流も悪化するので、顔色も悪くなってしまいます。
 


 
【現在人の生活は身体を冷やす一方】
冷えの原因は様々ですが、例えば環境が整いすぎていることも原因の一つです。
真夏でもクーラーで快適な室温が保たれ、いつでも冷たい飲み物を飲むことができます。肉類などが多い欧米型の食事や、運動不足、ストレスも冷えの原因になります。
また、特に若い人は湯船にお湯を張らずにシャワーで済ませてしまうことも多いことも挙げられます。シャワーは身体の汚れを落とすことはできますが、身体の芯から温まり血流を良くすることはできません。

他にも、腸の中が腐敗物や毒素で汚れてしまうことも腸の冷えの原因となります。1日中ダラダラと何かを食べていたり、寝る前に食事をすると、食べ物が消化しきれずに腸の中で腐敗して毒素が生まれてしまいます。
 



【腸温活で代謝の良い健康的で綺麗な身体にしよう!】

まずは、冷やさないようにすることが大切です。

①    飲み物・食事編
日常的に冷たい飲み物や食べ物を摂っている方は、出来るだけ常温で摂るようにしましょう。
特に冷たい飲み物は腸を冷やしやすいので、常温のお茶などを持ち歩くと良いです。また、人工甘味料だけでなく、白砂糖も身体を冷やす原因になります。
他にも精製された食べ物は身体を冷やす方向に働くので、白砂糖よりもてんさい糖、白米よりも玄米、小麦粉よりも全粒粉などを選ぶようにすると身体を温めるのに役立ちます。


 
②    マッサージ編
入浴の際には腸のマッサージもしましょう。おへそを中心として、手のひらで「の」の字を書きながら半時計回りにクルクルとマッサージをします。
マッサージをしていて固いと感じる場所があれば、優しく揉みほぐしてください。お腹のリンパ液を流すことで、全身の巡りが改善されます。
 
腸を温かく保つことで、美しく健康的な毎日を送りましょう!