発酵食品でダイエット! 発酵食品で腸活

最近、テレビや雑誌で話題のトレンドワード「腸活」や「菌活」
乳酸菌、食物繊維、オリゴ糖、発酵食品・・・どれも腸内の善玉菌が喜ぶものばかりです。
数年前、塩麹ブームをきっかけに、人気が高まっている『発酵食品』。日本人にも昔から身近なこの食品。私たちも知らず知らずに食べていますが、そもそもいったいどういうものなのか?発酵食品の基本を知って、綺麗で健康な身体を手に入れましょう♪


 
【発酵食品ってそもそもなに?】
味噌、納豆、醤油、漬物・・・と思い浮かぶ食品は様々ありますが、実は日本の“寒すぎず、暑すぎず”な気温と、適度な湿度がある気候は、おそらく世界で一番発酵に適した国と言えます。
発酵とは、たくさんの微生物(酵母や酵素、さまざまな菌類)たちの働きによって食物の中の糖質やたんぱく質、でんぷんなどが分解され、新たに体にとって良い成分が作り出される事です。こうして生まれた食品が「発酵食品」と呼ばれています。


 
【発酵食の長所】

  • 消化吸収がしやすく、胃腸に負担をかけない!
→発酵食品はなんといっても消化が良い!発酵食品は、すでに微生物たちが食材を細かく分解しているので、胃の消化活動が少なくて済みます。さらに腸が栄養を吸収する際も、体に負担がかかりません。
 
  • 旨み(味を美味しくする)&食べ物の栄養価を高める
→微生物の力によって、食品のでんぷんや糖、たんぱく質を分解し新たな「うま味」をつくりあげます。微生物の組み合わせなどにより味は変化します。発酵させる微生物そのものの「うま味」もあります。やはり美味しいからこそ、長い歴史の中で人々に愛されてきたんですね。
→発酵食品は現代で言えばサプリメントやお薬のように考えられている一面がありました。これは発酵により、本来その食品には無かった質の高い新しい栄養成分が生まれるからです。
さらに発酵させる微生物にも体によい働きをする物が多数あります。乳酸菌が腸の環境を整えることや、納豆菌が血流を良くすることなどは広く知られています。
 
  • 長期保存ができる(腐敗菌を寄せ付けない)
→発酵を行う微生物が多ければ、腐敗菌を寄せ付けません。そのため、漬け物や味噌なども長期保存が利くので重宝されてきました。
また、発酵によって生まれた乳酸や酢酸、アルコールにはそれ自体に殺菌作用があるため、雑菌の増殖を抑えてくれます。


 
【発酵食品がダイエットに効く?!】
発酵食品を毎日の食事の中に上手に取り入れることで、長い目で見るとダイエットの効果が期待されます。これは、発酵食品に含まれる様々な善玉菌や発酵によって合成された栄養素に関係しています。発酵食品の中には乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が多く含まれています。これらの菌は腸内に住みつくと、悪玉菌を殺して腸内環境を整え、便秘や下痢などの不快な症状を正常に戻すことができます。また、発酵することで新たにビタミンやアミノ酸、酢酸などが合成されます。これらの成分は、体内の脂肪を溜めにくくする効果や脂肪をエネルギーに変えやすくする効果を持っています。


 
【1日3食バランスの良い食事を】
ダイエットに効く、と言われるとその食品ばかりを食べてしまいがちになりますが、食事にはバランスが必要です。また、発酵食品を食べ始めたからと言ってすぐに体重が落ちるわけではありません。1日3回の和食中心の食事に替え、発酵食品を積極的にバランス良く取り入れ、継続して食べることによって腸内が健全化するとその効果が現れるはずです。