便秘解消法 白湯の効果と正しい飲み方

コストゼロでできる便秘解消法の1つの「白湯」。何かの目的無くして、好んで白湯を飲むという方は多いとは言えませんが、変わった飲み物ではなく極々ありふれた飲み物です。
本日は、便秘改善はもちろん、白湯を使った健康・美容効果をご紹介します。


 
【白湯(湯冷し)】
「白湯」と言うのは、簡単に言って砂糖や塩の入っていない、お湯の事を指します。もう少し細かく言えば、一度沸騰させたお湯を飲める温度まで冷ましたお湯の事です。
 

【白湯の効果】
白湯を飲むことで得られる健康・美容効果は主に次の4つと言われています。
 


①    基礎代謝が上がる
白湯は温かい飲み物なので、それを口から摂ることで食道や胃、腸が温められ、全身を巡る血液の流れがよくなり基礎代謝がアップすると言われています。
 

②    デトックス効果がある(便秘改善)
内臓が内側から温められることで、働きが活発になり利尿作用や腸の蠕動運動が促され、便秘解消などのデトックス効果が期待できます。
 

③    内臓の機能回復
内臓は冷えるとその機能を低下させてしまいます。夏の暑い時期に冷たい物ばかりを飲んでいると胃腸の調子が悪くなるのはこのためで、逆に温かい飲み物を摂ることで機能を回復し消化不良や胃もたれなどが起こるのを防いでくれます。
 


④    冷え性が改善
血液の流れがよくなると冷え症は改善されます。手袋や靴下を重ねて履いても手足が温かくならないのは、体の内側が冷えているから。白湯を飲んで体の中から温めるようにしましょう。


 
 
【白湯の飲み方】
■飲むというより、すするイメージで飲む。
一度に大量の水分を取ると、体に負担をかけるので少しずつすするように飲みます。 食前、食後に白湯をガブガブ飲むのは避けましょう。


■朝起きて一番に飲む。(特に効果が表れやすいのは朝。)
150cc程度(コップ1杯)を5~10分かけてゆっくり飲みましょう。胃腸をあたため、消化力を 高め、全体の代謝を上げてくれます。また老廃物を押し流し、腸をきれいにする働きあり排泄を促 します。


■食事中に飲む。 朝昼夕とも食事をしながら、1日3回150cc程度を少しずつ飲みます。ひと口食べてはひと口すすり・・・を繰り返します。


■体が重い人は食間にも飲む。
 食事と食事の間に、20~30分ごとにひと口、ふた口と少しずつ飲む。 体調が良くなってくれば、食事中だけで十分です。


■量は1日 1リットル位を目安に
1日の量はコップ7~8杯を目安に。最初は少ない量からでも構いません。 馴れてくると飲めるようになります。



■白湯の温度は50~60度が最適 冷えを感じるときは、70~80度でもいい。体が熱い体質の人は体温より少し高い40度位。
 


 
普段飲み慣れていなくて、体内に毒素が多ければ多いほど白湯は味気もなくて美味しくないと感じます。むしろ、最初から美味しいと感じる人は稀で、多くの方がこの最初の美味しくなさにつまずいて、白湯を飲むことを止めてしまいます。しかし、続けていくうちに腸の中の老廃物が排泄されると白湯に甘みを感じるようになり、やがてどの飲み物よりも一番美味しく感じると言う方もいらっしゃいます。まさに継続は力なりです。