クロレラの7つの効果と正しい取り方&摂取量

クロレラという名前は聞いたことがあるけれど、その効果については意外と知らない人も多いのではないでしょうか?そんなクロレラについて今回は詳しくご紹介します。
 


【クロレラとは?】
古くから健康食品として知られているクロレラは、淡水に自生している緑藻類の1つです。わずか3-8ミクロンと人間の赤血球の半分ほどしかないため、たった1gのクロレラ粉末の中には、クロレラが数百億個も含まれているといわれています。多くの生物は、細胞がいくつも集まって形成されていますが、クロレラには1つの細胞しかありません。その細胞の中には、色々な器官や機能が備わっているのです。クロレラは、天然の栄養バランスをまるごと食べられる完全食品です。
 


【クロレラの7つの効果】
①    免疫力を高める
クロレラには、体内の免疫組織の一つであるマクロファージの働きを活発にしてくれる作用があります。また、クロレラには血中のたんぱくの一種であるアルブミン値を上げる作用があり、白血球数も増えることが判明しています。

 
②    血圧やコレステロール値を下げる
クロレラに含まれる豊富な栄養素は、血圧やコレステロール値を低下させ、生活習慣病のリスクを減らしてくれます。
 

③    貧血改善効果
クロレラエキスのひとつである、S-ヌクレオチドペプチドは、赤血球の回復に役立ち造血作用を活発化させる働きがあるため、貧血改善に効果を発揮してくれます。
 

④    アンチエイジング効果
クロレラに含まれる葉緑素は、遺伝子を正常に保つ効果と強力な抗酸化作用があります。抗酸化作用は、老化の進行を抑え血管機能を守る効果もあり、アンチエイジングへの相乗効果が期待できます。

 
⑤    便秘解消・改善効果
葉緑素や食物繊維は、有害物質であるダイオキシンやカドミウムなどを、腸内で吸着して排出を促進してくれます。


その他にも、
クロレラに含まれる豊富なミネラルからは・・・
・骨や歯を丈夫にする効果
・骨粗しょう症予防効果
・筋肉の収縮を助ける作用
・心筋梗塞や狭心症予防効果
・代謝促進効果
・疲労回復効果
など、様々な効果があります。
 



【クロレラの取り方や摂取量】
1日の摂取目安量:1~6g程度 (研究データや文献には6g摂取のものが多い)
※サプリメントの場合、1日に10粒~30粒の記載が多いと思います。
クロレラは即効性があるものではありませんので、最低でも3ヶ月は飲み続けましょう。


 
緑黄色野菜の代わりになるといわれるほど栄養素が豊富なクロレラ。
一般的な野菜より葉緑素が多量に含まれていて、ビタミン、鉄、葉酸、繊維質など60種類以上の栄養素が豊富に含まれています。また、18種類以上のアミノ酸も含まれているので、野菜不足の現代人には特に必要かもしれません。野菜嫌いな方や、1日で十分なお野菜の量を摂取できていない方、そして特に美容と健康意識が高い女性にお勧めの健康食品です。