フルーツビネガー 〜お酢の5つの健康効果〜

身体に良い!と言われている『お酢』はコレステロール値を下げたり、血液をサラサラにしたり、疲労回復を促進したりと、様々な健康効果が立証されています。しかし、いくら体に良いとわかっていても、忙しい毎日の中で、なかなか料理にとりいれるのは難しい…。そのままではツンとして苦手…という方も多いのではないでしょうか?
今回は、そんな方にオススメの『フルーツビネガー』をご紹介します。市販のお酢に砂糖と果物を漬けるだけで、オシャレで美味しい健康ドリンクができ上がります。簡単で作り置きできるうえ、色々な組み合わせが楽しめますよ♪


 
【お酢の健康効果】
一般的にお料理に使ったりする米酢のほかに、アミノ酸豊富な黒酢、まろやかで飲みやすいもろみ酢、中国原産の香酢、ポリフェノール豊富なきび酢など、お酢の種類はいろいろあります。
それぞれ原料や発酵の方法、成分も異なるので、味も効果にも違いがありますが、お酢の代表的な健康効果をご紹介します。
 
①    疲労回復
お酢は体内で、人間の代謝機能に欠かせない「クエン酸」になり、疲労の原因となる乳酸と結合して、炭酸ガスと水に分解して排出してくれます。
また、お酢の抗酸化作用で、体内に存在する活性酸素を排除する働きがあり、疲労回復にとても効果があります。

 
②    美肌効果
お酢はビタミンCの破壊を防いでくれる効果があり、お肌の新陳代謝を高めます。
また、シスチンという成分にメラニンを取り除く作用があるため、しみやくすみの改善も期待できます。
 

③    むくみ改善
体が酸性になっていると、むくみが発生しやすいと言われています。お酢を摂ると身体がアルカリ性になっていくので、利尿作用が起こり、体のむくみを改善することができます。
 

④    便秘解消
お酢は、身体の中の新陳代謝を高める力があるため、腸内の働きを活発にし、便意をうながす作用があります。
また、酢の抗菌効果により腸内の有害細菌が減り、良好な腸内環境を保ちます。
 

⑤    ストレスにも
お酢に含まれているクエン酸には、神経を落ち着かせたり、自律神経の働きを正常に整える作用があります。
さらにカルシウムの吸収を促す働きもあるため、イライラが起こりにくくなるということが研究でわかっています。


 
【フルーツビネガーとは?】
フルーツビネガーとは、フルーツ酢、果実酢のことです。
上記のような健康・美容効果の高いお酢を定期的にとるのに、フルーツを一緒につけて甘くなるフルーツビネガー、検索数急上昇中の美容ドリンクです。
 


【フルーツビネガー作り方】
▼必要なもの
・フルーツビネガーを保存する耐熱容器(瓶)
 
▼材料
・穀物酢(200ml)
・ハチミツ(200g)
・お好きなフルーツ(100g)の3つ

 
▼作り方
①お酢とハチミツを瓶に入れ、しっかりとかき混ぜます。

②フルーツをカットし、瓶の中へ入れます。オレンジやバナナといった大きな果物は小さくカットし、ブルーベリーやイチゴの場合はそのまま入れてOKです。

※お酢・ハチミツ・フルーツの割合を2:2:1にするのが、おいしく仕上げるポイントです。

③瓶にフタをし、これを冷蔵庫で1週間保存します。1日1回瓶を振り、中身をよくかき混ぜるようにします。

④漬け込んだフルーツの成分が染み出して小さくなり、お酢が色づいてきたら、瓶からフルーツを取り出します。

⑤   完成!



 
※1~2週間でフルーツは取り除きましょう。ちなみに、取り除いたフルーツは、しっかりとお酢が染み込んでいるので、ヨーグルトに混ぜていただくのがおすすめです!
 

フルーツビネガーは、お酢の香りはするものの、実際に飲んでみると、お酢の酸味はしっかりとおさえられているので飲みやすく、お酢の酸味が苦手だという方も飲みやすい美容ドリンクです!

梅雨やこれからの暑くなる時期、見た目もさわやかで、元気になるフルーツビネガーを常備してはいかがでしょうか?