リーキーガット症候群の原因と主な症状

「リーキーガット症候群」を知っていますか?腸内の慢性炎症から腸壁に穴が開き、通常腸壁を通過してはいけない様々な物質が腸壁の穴から入り込み、アレルギーなどを引き起こす現代人に多く見られる疾病のひとつです。私たちのなにげない生活習慣が原因となるリーキーガット症候群について知り、ライフスタイルを見直してみましょう。
 


【リーキーガット症候群とは】
リーキーガット症候群とは、各単語の意味の通り、腸の粘膜に穴が空き、菌やウィルス、たんぱく質など、本来は腸管内にあるべきものが血液中に漏れ出る病気のことです。(Leaky :漏れる Gut:腸 Syndrome:症候群)
日本名では腸管壁浸漏症候群といい、腸壁の粘膜に穴が空いている、もしくは損傷しているために腸内の未分解の物質や有害な菌などが外に漏れ出してしまい、腸のバリア機能が破られた状態になってしまうのです。


 
【リーキーガット症候群の主な症状】
リーキーガット症候群になると、荒れた腸壁の粘膜から作られた炎症物質や腸管内の菌やウィルス、きちんと分解されない状態のたんぱく質などの有害な物質が血液にのって体中に蔓延し、様々な面から健康に害を及ぼします。


 
主な症状としては、食物アレルギー、便秘、統合失調症、アトピー性皮膚炎、喘息など呼吸器疾患、偏頭痛、関節炎、子宮筋腫などが挙げられます。
その他にも、リーキーガットの度合が高まるにつれ、メタボリックシンドロームのリスクが高まり、太りやすくなるとも言われています。
また、腸内の機能が弱まり、消化酵素も不足しがちになるため、栄養素の吸収がしにくくなり、ビタミンやミネラルの欠乏状態にも陥りやすくなってしまうのです。
さらに今の季節でいうと、花粉症の症状が悪化することも知られており、リーキーガットがあらゆる面から体にマイナスの影響を与えることがわかります。
 


【リーキーガット症候群の原因は乱れたライフスタイル】
体に様々な悪い影響を及ぼすリーキーガット症候群の原因は、乱れたライフスタイルにあります。
どれかひとつが特別悪いということでなく、人それぞれの異なるライフスタイルの中に、それぞれの危険因子が潜んでいるのです。
 
以下に主な原因を挙げますので、自分のライフスタイルを見直し、できるものからひとつずつ取り除いてみましょう。
 


①    ストレス
自律神経が交感神経に傾くと、体の生理機能が低下します。すると便秘もしやすく腸内フローラが乱れて炎症を起こしやすくなり、免疫も低下します。

 
②    食品添加物
本来、自然界にはなく人工的につくりだされたものの中には消化が困難な物質が多くあります。特にトランス脂肪酸や酸化した油には要注意です。腸だけでなく、細胞の炎症や、脂で作られている脳の炎症も引き起こしやすくなります。
 

③        糖質の過剰摂取
過剰摂取が体に悪影響を与えることがよく知られている糖質は、病原微生物が繁殖する際のエサになるため、リーキーガット予防の観点からもやはり、摂り過ぎはいけません。

 
④        グルテン過剰摂取
小麦などに含まれるグルテンは、腸内環境を乱し、様々なアレルギーを引き起こします。

 
⑤        すぐに薬に頼る
体の不調の際にすぐに薬に頼ったり、ピルを常用している場合などにもリーキーガットのリスクは高まります。
消炎鎮痛剤や、抗生物質、ステロイドなどの多用、長期使用が症状を引き起こすのです。
特に抗生物質は、腸内フローラ(細菌叢)を乱してしまいます。
 


 
原因を見てわかるように、リーキーガット症候群は出てしまった症状のひとつひとつに対処療法で向き合うより、根本的な改善に努めることが重要です。
そのためには、偏った食生活や乱れた生活習慣をひとつずつ見直すこと、そして何といっても腸内環境を整えることが大切です。腸内環境を整えるには、善玉菌を増やし、またその働きを活性化するために乳酸菌、食物繊維、オリゴ糖を摂取することが有効な手段として挙げられます。