雑穀米の3つの効果 〜腸活レシピ もち麦の美腸中華風リゾット〜

「最近ご飯が美味しくて食べる量が増えちゃった」という方は居ませんか?食べる量を減らしても満腹感があり、しかも美味しくて安いご飯があることはご存知でしょうか。
それは、雑穀です。普段食べている白米と一緒に炊くだけで、栄養豊富な雑穀米が完成します。今回は、雑穀米について詳しくお話しします。
 


【雑穀米の魅力とは】
雑穀米とは、白米に玄米、粟、ひえ、きび、ハトムギ、大麦、黒米、赤米など数種類の雑穀を混ぜて炊くご飯のことを言います。どんな雑穀が入っているかで美容作用は変わりますが、代表的なものをご紹介します。


 
◎玄米
体内の余分な塩分を排出する働きのあるカリウムが豊富なので、むくみ解消に効果的です。また、玄米に含まれるビタミンB1は糖質、脂肪の代謝を促す働きもあります。この他にも老化予防に効果的なビタミンEや食物繊維も多く含んでいます。
 


◎粟
肌荒れ予防に効果的だと言われているパントテン酸が豊富に含まれている他、抗酸化作用のあるビタミンEや亜鉛も含んでいます。また、ビタミンB1がストレス緩和になります。
 


◎大麦
食物繊維が豊富な大麦は、水に溶けない「不溶性食物繊維」と水に溶ける「水溶性食物繊維」がバランスよく含まれています。不溶性食物繊維は便秘解消に効果的、水溶性食物繊維は血中コレステロール値の抑制作用や血糖値上昇抑制作用などに良いと言われ、オススメです。
 



【雑穀米の効果】
雑穀米は美容効果だけではなく、他にも様々な効果があります。

①    食物繊維で便秘解効果
雑穀米には、食物繊維が豊富に含まれているので腸の活動を活発にしてくれる効果があります。腸内に溜まった不要物がスムーズに排出されやすくなることから、慢性的な便秘に悩む方にもお勧めです。雑穀とお米をそのまま炊いても良いのですが、更なる効果を期待したい場合はゴボウやこんにゃくなど腸の働きを助ける食材を合わせて炊いても良いでしょう。
また、便秘になりやすい方は、普段の水分摂取量が少ないことも考えられるので、雑穀米を食べるだけではなく十分な水分補給を忘れないようにしましょう。


 
②    噛めば噛むほど満腹感
雑穀米には、ヒエやキビ、黒米、赤米、玄米など様々な種類の雑穀が含まれています。最近では十穀米や十六穀米など最初からブレンドされている商品も多く販売されているので、自宅で手軽に炊いて食べることができるようになりました。
雑穀米は、普段食べている白米と比べると噛み応えがあるので噛む習慣が身に付きます。何度も噛むことは、満腹中枢を刺激することに繋がるので、白米よりも満足感が得られやすく食べ過ぎ防止になります。
 


③    ビタミンによる美肌効果
雑穀には、ビタミンやミネラル、ポリフェノールが豊富に含まれています。アンチエイジングやがん予防効果が期待でき、肌に必要な栄養素を含む雑穀米を食べれば高価なサプリメントを何種類も飲まなくても美肌効果が期待できます。
雑穀米を食べたほうが摂取量を控えることができ、同じ量の白米を食べるより雑穀米を食べたほうが肌にも体にも良いので健康な体を目指している方にもお勧めです。
 


 
スーパーなどで購入できる雑穀は「○穀米」というように複数の雑穀をミックスした商品の他、それぞれ種類ごとに単品もあるので、お好みの物を選んで購入することができます。
外食が多い方でも、近頃は雑穀米を出すお店や、白米か雑穀米か選べるお店が増えているので、体調などに合わせて選ぶことが出来ますね。雑穀のチカラを日々の食生活に取り入れて、美と健康をキープしましょう!!
 
 
【管理栄養士 浅田ゆうき先生考案】
もち麦の美腸中華風リゾット