ダイエット中こそ 「朝食」 を摂りましょう

こんにちは。
朝晩は冷え込む季節になりました。朝が苦手な方は寝ぼけながらお出かけになっている方もいるのではないでしょいか。今回は大切だと知りながらも抜きがちになってしまう、「朝食」についてお話ししようと思います。
 
朝が苦手な方こそ、きちんと摂っていただきたいのが朝食です。朝は食欲がでない方は、温かいスープを少量から始めてみるのが良いと思います。温かいものを胃に入れることで、体は目覚め、食欲も出てきます。朝食には栄養を摂取するだけではなく、体に一日の始まりを認識させる役割もあります。体内がリズムを整えることにより、ホルモンバランスも安定し朝から体の中が活動を始めるようになります。そして、朝から代謝も上がり、活動的に動けるため体内でのカロリー消費や脂肪燃焼も期待できます。
上記のことだけでも、女性にとっては嬉しいことが多いですね。これらに加え、朝食時に気をつけていただきたいことがいくつかあります。

1.冷たいものより温かいものを冷たいものは身体を冷やしますし、内蔵の働きもにぶくなります。朝から動くためのエネルギーも冷たいものより温かいものの方が体に早く吸収されます。身体を冷やす行為は代謝も落としてしまします。温かいものを食べるように心がけてください。

2.朝一番には白湯がおすすめ朝一番に白湯を飲むと内蔵がゆっくりと動き出します。冷たい水ではなく、白湯というのが大事です。これを実践するだけで、基礎代謝の向上と冷え性改善に効果があります。
また、白湯が難しい方は常温のお水から始めてみても良いと思います。

3.いろどりとバランスの良い食事を!
ミネラルや食物繊維、ビタミンが豊富なフルーツや野菜はもちろんですが、炭水化物も摂ってほしいです。炭水化物は人間が活動するのに必要なエネルギーになります。太るイメージがある方も多いかもしれませんが、炭水化物は適切に摂ることにより熱量に変わり、代謝増進にも繋がります。バランスの良い食事は、様々な色の食材が入り目で見ても美しいものです。時間のない朝食では難しいかもしれませんが、理想形はやはり「一汁三菜」です!!

上記の事を思い出し、毎日の生活に役立てていただけたら幸いです。
美超習慣は、朝一番の白湯に混ぜて飲んでいただいても良いですし、朝食のお味噌汁やヨーグルトなどに入れて召し上がっても味や風味が損なわれることがありませんので、良いと思います。
バランスのとれた食事と生活で、みなさんが健康で美しくいられますように。