腸活レシピで食物繊維不足を改善 「美超習慣」に使用される食物繊維とは?

食物繊維は、人間の消化酵素では分解することができない、食べ物に含まれている成分です。

かつては、便通をよくする成分くらいにしか見られていませんでしたが、長年の研究によって食物繊維の健康への有効性が次々に明らかになり、現代ではさまざまな病気の予防に役立つ重要な栄養素として認められています。
本日は、弊社製品「美超習慣」に使用している食物繊維(グァーガム酵素分解物)と、食物繊維たっぷりの腸食レシピと合わせてご紹介します♪


 
【食物繊維とは?】
食物繊維は消化されずに、小腸を通って大腸まで達する食品成分です。便秘の予防をはじめとする整腸効果だけでなく、血糖値上昇の抑制、血液中のコレステロール濃度の低下など、多くの生理機能が明らかになっています。現在ではほとんどの日本人が不足気味の成分で、積極的に摂取することが勧められます。


 
【食物繊維の分類】
食物繊維は大きく分けて、水に溶けないもの(不溶性食物繊維)と水に溶けるもの(水溶性食物繊維)とがあり、それぞれ違った特長があります。
 


▼不溶性食物繊維
不溶性食物繊維は、水に溶けづらい性質をもち、腸内を掃除する働きがあります。
不溶性食物繊維は、大腸内の便を固めて、腸内の有害物質も一緒に固めて便にして排出する働きがあります。大腸の腸内細菌のエサにもなり、大腸の働きを良くする効果があります。
ただし、便秘の状態で、腸の動きが悪い時に、不溶性食物繊維ばかり取ると、さらに便を固くして、お腹の張りが強まることもあるので注意です。
その場合は、水溶性食物繊維を取ることで、腸内バランスがよくなります。


 ※不溶性食物繊維は、セルロースなどが多く含まれるレタス・キャベツなどの野菜類が多いです。
 


▼水溶性食物繊維
水溶性食物繊維は、水に溶ける性質があります。水溶性食物繊維により、便に水分が吸収され、便のかさが増して排便しやすい形になります。また、ペクチン・グルコマンナンという成分が便を柔らかくして、便を硬くなり過ぎないようにします。
便秘気味の方は、不溶性:水溶性=2:1が最も適切とされています。
 
※水溶性食物繊維は、昆布・ワカメなどの海藻類、リンゴ・バナナなどの果物に入っています。
 


 
【全然足りていない!?日本人の食物繊維摂取量】
「日本人の食事摂取基準(2015年版)」で定められた食物繊維の目標量は、成人男性で1日20g以上、成人女性で1日18g以上です。
しかし、2014年の国民健康・栄養調査によると平均で1日14.2gしか摂れておらず、年々減少傾向にあります。
洋食を好む若い世代では、1日平均摂取量12g程度と特に少なくなっています。
 


 
【美超習慣に使用する食物繊維とは】
弊社商品「美超習慣」には、グァーガム酵素分解物(食物繊維)を使用しています。
グァー豆は、インド原産の豆科の一年生植物です。このグァーガム酵素分解物には豊富な水溶性食物繊維が含まれています。水溶性食物繊維にも様々な種類のものがありますが、グァーガム酵素分解物に含まれるのは、ガラクトマンナン(マンナース2: ガラクトース1)で、水溶性食物繊維の中でも、特に健康に対する研究がなされています。

 
注目すべき点は、天然の食物繊維であるグァーガム酵素分解物の食物繊維はとりすぎることで、お腹が緩くなることが少ないとされている点も注目されています。
 


 
【管理栄養士 浅田ゆうき先生考案】
 
腸内環境を整える もち麦の美腸中華風リゾット
 
もち麦は、ビールの材料や麦茶、麦ごはんで使われている大麦の一種です。丁度、お米のもち米のように麦にも「もち種」があり、それに相当するもち麦は加熱するともちもちとした粘りが出て、とても食べやすいです。大麦の食物繊維は、白米の25倍、玄米の4倍とも言われており、その食物繊維にはβ―グルカンという水溶性の食物繊維が豊富です。

β―グルカンは、腸の免疫力を高め活発にし、便通をよくする効果が期待できます。そのほか、食後の急激な血糖値の上昇を抑え、体内のコレステロールを絡めとって排出してくれる働きもあるので動脈硬化予防も期待できるなど、私たちの体にとっては嬉しい働きが沢山期待できます。