グルテンフリーが注目されている理由とグルテン過敏症

欧米は食に対する意識が高く、健康に関しての流行に敏感であり、これまで様々な食事法、健康法がブームとなってきました。
野菜や果物を加熱せずに生のまま食べるローフードや、玄米菜食を中心としたマクロビオテックなど、その種類も多種多様です。そんな中、最近では“グルテンフリー”という方法がアメリカで話題となり、日本でも少しずつ話題となっています。今回は“グルテンフリー”とはどんなものなのかについてご説明します。


 
【グルテンフリーとは?】
グルテンフリーとは、グルテンを使わない食事療法のことを言います。グルテンとは、小麦や大麦あるいはライ麦、オート麦などの麦類に含まれているタンパク質の一種です。例えば、パンやうどん、パスタ、クラッカー、シリアルなどに含まれています。グルテンは食物に弾力や粘り気を出す働きがありますが、うどんにコシや膨らみがあるのも、このグルテンによる作用です。

 
現在、自然食品などを取り扱っている日本でも『グルテンフリー』と書かれた表示のある食品が置いてある店が増えてきていますが、特にアメリカの場合はグルテンフリーの食品が積極的に製造されており、認知度も非常に高いです。
 

【グルテンフリーが注目されている理由】
グルテンは、食べるとアレルギーを引き起こす可能性があり、人によっては腸の疾患などを引き起こす恐れがあると言われています。また、重篤になると小腸に炎症が起こり、体に必要な食べ物の栄養分を吸収することができなくなる“セリアック病”という病気が起こる危険性もあります。
もともと、グルテンフリーはセアリック病や腸の疾患を予防することや、改善を図るために生み出された食事療法でした。しかし、特にアレルギー体質ではない健康な人々がこの療法を取り入れたところ、体の体調が良くなったという口コミが広がり、美や健康に対しての意識が高い人々にも注目され流行しました。
 


【グルテン過敏症】
先述したように、グルテンを食べるとアレルギーを引き起こす可能性がある場合があります。これは、グルテンの中に含まれる“グリアジン”という成分が身体が過剰に反応してその症状が現れます。ただし、グルテン過敏症はアレルギーとも似ていますが、アレルギーとも違うとも言われています。
グルテンに含まれる食品はパンやパスタなどの小麦粉を使って作られた食品で、反応が早ければ、小麦粉の使われた食品を口の中に入れた瞬間に症状が起こると言われています。但し“グルテン不耐症”を持っている場合には症状が出現するのが遅くなることもあると言われています。


【グルテン過敏症の症状一例】
①    満腹感、下痢、便秘など消化器官のトラブルがある
②    二の腕や背中にブツブツがある
③    グルテンの入った食事を食べると、頭がすっきりしない、疲労感がある
④    橋本甲状腺炎、関節リウマチなど、何らかの自己免疫疾患がある
⑤    めまいを感じたり、平衡感覚がおかしくなるときがある
⑥    PMSなど、ホルモンバランスの乱れによる症状がある
⑦    偏頭痛
⑧    慢性疲労
⑨    膝や腰など、関節の痛みがある
⑩    気分のむらがあり、不安や抑うつ状態に苛まれることがある
※これらの症状が複数あるのならばグルテン過敏症の可能性があります。
 


【グルテン過敏症の可能性がある場合は・・・】
上記のような症状が出る場合、試しにパンやパスタなどのグルテンの入った食品を食べるのを止めてみるとグルテン過敏症かどうかがわかります。止めてみて気分が良くなったり、便秘や下痢などの消化器官のトラブルが軽減されたらグルテン過敏症だった可能性があります。グルテンを避けるには、和食を中心とした食事に切り替えるのが良いでしょう。和食にグルテンはほとんど含まれていません。
 

浅田ゆうき先生考案 腸食レシピ
<根菜・きのこ肉じゃが>