デブ菌を減らして食べても太らない!?腸内フローラの秘密

食べるとすぐに太ってしまう。食べた分だけしっかり身になるから……と、万年ダイエットをし続けている人も少なくないはずです。でも、食べているのにぜんぜん太らない「ヤセの大食いさん」がいるのも事実。その違いは腸内フローラにあります。


 
【食べてすぐ太る人は腸内に“デブ菌”が多い!?】
“デブ菌“という言葉をご存知ですか?太る原因といえば、食べ過ぎや、運動不足だけを思い浮かべますが、実は腸内のデブ菌が大きく関係しています。
デブ菌はファーミキューテスというという細菌の異名で、「太っている人の腸内にはデブ菌が多くいる」と報告され話題となっています。
これは、実際に瘦せ型のマウスにデブ菌を移植した結果、体重が増えて体脂肪率がアップしたという結果に基づいています。
そのため、太りやすいと悩んでいる方は、腸内にデブ菌が多い可能性があります。
また、太りやすい体質の方はデブ菌が多いだけではなく、腸内細菌の一種“バクテロイデス”という細菌が非常に少ないと言われています。




【短鎖脂肪酸を増やして痩せ体質へ!】
先述した、“バクテロイデス”とは腸内細菌の一種です。 “ヤセ菌”とも呼ばれています。ヤセ菌は、人が食べたものを腸内細菌が分解し、それらを栄養にして生きています。ヤセ菌が分解するときに出す物質を「短鎖脂肪酸」といい、実はこれが肥満を防いでくれます。
ヤセ菌が出す「短鎖脂肪酸」は、腸から吸収され血液中に入り、全身を巡り、脂肪細胞に働きかけると脂肪の取り込みがストップします。また、筋肉にも作用し脂肪を燃焼させるという2つの働きがあります。


 
【デブ菌もヤセ菌も日和見菌】
腸内細菌の理想的な割合は、善玉菌2、悪玉菌1、日和見菌7といわれています。“ファーミキューテス(デブ菌)”と“バクテロイデス(ヤセ菌)”は、「日和見菌」に分類されます。

善玉菌で代表的なのはビフィズス菌で、体のエネルギー源である乳酸を作ったり、ガンやポリープ、感染症などを防ぎます。悪玉菌で代表的なのはウェルシュ菌で、タンパク質を異常に発酵させて有害物質を作り、腸内環境を悪化させます。
日和見菌は日和見(ひよりみ)の言葉通り、力の強い有利な方に加勢します。つまり、善玉菌が優勢なら善玉菌に力をかし、悪玉菌が優勢なら悪玉菌に力をかします。つまり、悪玉菌が増えてしまうと、負のループが始まります。肥満は糖尿病や高血圧などの生活習慣病の原因になりかねません。
腸内フローラのバランスを整えて、増殖したファーミキューテス(デブ菌)を減らしバクテロイデス(ヤセ菌)を増やすことが肥満の解消につながります。


 
【短鎖脂肪酸を増やすには?】
短鎖脂肪酸を腸内細菌に作らせるには水溶性食物繊維を腸内細菌に餌として与える必要があります。
水溶性食物繊維といっても色々種類がありますが、国内で利用されているものの中ではグアーガム酵素分解物が短鎖脂肪酸増加には一番有効であると言われており、グアーガム酵素分解物とはインド・パキスタン地方で栽培されている「グァー豆」からとれる水溶性食物繊維のことです。
天然の食物繊維であるグアーガム酵素分解物の食物繊維はとりすぎることで、お腹が緩くなることが少ないとされている点も注目されています。
 


 
腸内細菌を善玉菌優勢にしていくことは、肥満防止のみならず、病気の予防にも大変重要なことです。日々の生活から1つ1つ見直して、腸内細菌のバランスを整えていきましょう♪