便秘改善・美容効果たっぷり「アカモク」の3つの効果

最近、話題になりつつある『アカモク』をご存知ですか?シャキシャキとした食感と、刻んだり、熱を加えることにより出てくるトロミ(粘り)と、豊富な栄養素が魅力的ということで、今、じわじわとブームになりつつある食材です。女性には嬉しい美容効果もある「アカモク」についてご紹介します!



【アカモクとは】
北海道から鹿児島の沿岸部に広く分布し、昆布やワカメと同じ部類に属します。古くから食用とする地域もありましたが、養殖施設に絡みついてしまうことから、宮城県周辺では「邪魔モク」とも呼ばれていました。しかし、近年は健康志向の高まりと共に、海藻特有のクセが少なく、めかぶよりさっぱりしていて食べやすいとのことで、注目され始めました。
 


【アンチエイジング&便秘改善】
アカモクには女性に嬉しい栄養素がたっぷり含まれています!
①    抗酸化物質も豊富で、骨粗しょう症予防にも!
ミネラル、ポリフェノール、フコダインも豊富で、抗酸化作用があるカロテノイドが多く含まれています。特に、脂肪燃焼を促進するカロテノイドの一種、フコサキサンチンはワカメや昆布よりも含有量が多いです。
さらに、骨をすかすかにすることを抑制するビタミンKまで豊富に入って、骨粗しょう症予防にも効果的です。

 
※ミネラル:人間の体に必要とされる無機質の総称です。骨や歯を構成するカルシウムやマグネシウム、貧血予防に有効な鉄分などがその類。体内に存在する量はわずかながら、重要な働きをする栄養素です。


 
※ポリフェノール:光合成によって植物に含まれる色素や苦みのもととなる成分、紫外線から守るために蓄えています。その数は約4,000種類。活性酸素や悪玉コレステロールの活動を抑制する働きがあり、身体の免疫力を高める栄養素として注目されています。


 
※フコダイン:わかめやこんぶ、もずく等にも「ぬめり成分」として含まれる多糖体で食物繊維の一種。成人病予防やアレルギー改善、抗がん作用等があり、健康食品などに加工され、注目が集まっています。


 
※ビタミンK:血液の正常な凝固作用を促すビタミン。カルシウムが骨から溶け出すのを抑制する効果もあり、骨や歯茎を強くするほか、骨粗しょう症の予防に効果があるとされています。
 


②    オメガ3で生活習慣病予防や美容効果にも!
アカモクには、美容や健康のために積極的にとることを推奨されている必須脂肪酸の「オメガ3」が含まれています。オメガ3は、血流改善や生活習慣病予防だけでなく、皮膚のしわやたるみ予防など美容にも効果があると言われています。
 


③    便秘改善に!
食物繊維は寒天の原料となるテングサに次いで多く、便秘の改善にも役立ちます。また、アカモクに含まれるフコイダンは水溶性食物繊維であり、コレステロールや糖分の排出も期待できるので、成人病予防にも効果があるのではないかとされています。



 
【アカモクの食べ方】
酢の物にしたり、味噌汁の具としても使えます。“もずく”や“めかぶ”のように刻んでご飯や、冷奴・湯豆腐にのせたり、削り節やオクラを入れてポン酢や醤油、麺つゆで食べる人も多いようです。

 
アカモクは、まだ取り扱いは少ないものの、スーパーの一部店舗、道の駅やネット通販などで生の状態のものや乾燥したものを買うことができます。普段の食事にプラスアルファの食材として取り入れてみましょう♪