腸内環境を整える『生菌』と『死菌』の働き

生菌とは生きたままの菌、死菌は死んだ菌のことですが、「生きて腸まで届く」というキャッチコピーには、生きたまま腸へ届いた生菌が腸内で増殖するようなイメージがあります。
では、乳酸菌は死んでしまったら全く意味がないのでしょうか?今回は、生菌と死菌の役割についてお話しします。

 
【生菌はほとんどが腸に届く前に死菌になる】
食べ物として取った乳酸菌は、ほとんどが胃酸や胆汁酸に殺菌され、腸に届く前に死菌になることがわかっています。そのため、外から入ってきた乳酸菌が定住することはほとんどありません。



 
【生菌の働き】
生菌とは、胃酸などに負けず生きたまま大腸まで届く乳酸菌のことです。
生きて腸まで届いた生菌は、そのまま腸内フローラに棲み着くことはできませんが、体外へ排泄されるまでは腸内環境改善のために働き続けてくれます。

生菌は、
①    糖分を分解して乳酸を作り、悪玉菌が生息しにくい酸性の環境にして善玉菌をサポートしてくれます。(ある種の菌は腸壁に長く留まり、持続的な働きをする可能性もあります)
②    腸を刺激し、蠕動運動を促してくれる

など、腸をキレイにして、腸の働きを良くすることで、便秘解消や免疫力向上、栄養吸収の促進による美肌・美髪効果、発ガン性リスクを低下させるなどの働きもあります。
 
生きて腸まで届き、腸内環境を整えてくれる乳酸菌は「プロバイオティクス」と呼ばれています。プロバイオティクスは、乳酸菌だけではなく、ビフィズス菌や納豆菌なども含まれています。
 


【死菌の働き】
先述した通り、乳酸菌のほとんどは腸に届く前に死菌となりますが、死菌は腸内で有用な働きをすることが明らかになっています。
死菌は、乳酸などの短鎖脂肪酸は作ることはできません。しかし、
①    生菌や定住善玉菌のエサとなり増殖させる
②    悪玉菌が好む有害物質を吸収して便として体外へ排泄
③    腸壁に刺激を与え免疫細胞の分泌の促進、免疫力を向上させる
といった働きがあり、腸内環境の改善や全身の免疫力活性化につながり、腸にとって有用な働きをします。
 



【善玉菌をイキイキ元気に!バイオジェニックス】
私たちの健康に寄与する機能食品の1つに『バイオジェニックス』というものがあります。これは、腸内フローラを介することなく身体に直接作用するもので、プロバイオティクス(ヨーグルトなどの乳酸菌で生きたものに限定)とは大きく異なります。
乳酸菌などのプロバイオティクスは、人の健康に働きかける微生物(細菌や酵母)などの働きによるものです。

一方、バイオジェニックスは、腸内フローラを介すことなく多種な働きをもたらす食品成分で、体全体に直接作用することで、腸内の免疫機能を活性化したり、コレステロールや血糖や血圧を安定させたり、活性酸素を減らしたりする可能性が解明されつつあり、バイオジェニックスこそが、生活習慣病やアンチエイジングに有効だという考え方が広まりつつあります。


 
菌が生きているか死んでいるかはあまり重要ではなく、死んだ菌も含めて乳酸菌の作り出す物質:代謝産物と菌体成分が乳酸菌生産物質であり、腸内の免疫機能を刺激することで体全体の機能を活性化し、腸内フローラにも良い影響を与えるということです。
 


今後は、あなたの独自の善玉菌をイキイキ元気に活性化させるバイオジェニックスは生活習慣病予防や代替医療、健康維持、長寿のため利用されることに期待したいですね!