便の臭いの原因は腸内環境悪化のサイン!悪臭を抑える3つの方法

なんだか最近、ウンチの臭いが気になる・・・消臭スプレーを頼らないとダメなくらい便の臭いがトイレに残る。
こんな経験をしているあなたは、腸の状態が良くないのかもしれません。本日は、便の臭いから見えてくる腸内環境の悪化についてお話しします。

 
【便の臭いは本来は臭くない!?】
便というと、臭いと言うイメージしかありませんよね?食べ物の残りカスである以上、ニオイがあるのは当然です。どんな人でもそれなりには臭うものでもあります。しかし、本来は便そのものに悪臭はないと言われています。
 
【便が臭くなってしまう原因】
便が臭くなってしまう原因は、食べ物が体内で消化されるときに吸収できずに残ってしまったタンパク質や脂肪が腸の中で細菌(ウェルシュ菌や大腸菌など)によって分解・発酵されることによって悪臭となってしまいます。
腸内細菌によって分解され、食べ物の残りカスが腐敗物となり、悪臭を発するようになります。
大腸でタンパク質が分解されるとアンモニアやインドール、スカトール、硫化水素などの物質が発生するため便が臭くなると言われています。
では、どうしてタンパク質などの栄養素がうまく吸収されず便が腐敗臭を放つようになるのでしょうか?それは、食べ物をしっかり噛まずに飲み込む咀嚼不足、毎日の生活から生じるストレス、そして腸内の汚れです。


 
【便のニオイを抑えるにはどうすればいいの?】
①    食事をする時、きちんと噛んで食べましょう
よく人に「食べるのが早いね」と言われたりしていませんか?そういった人は、食べ物を噛む回数が少なく、細かく砕かないまま胃に流し込んでしまうので、無意識のうちに消化を悪くしています。
消化が悪くなることで、きちんと栄養分が体内に吸収されないまま腸へと流され、便臭をもたらす原因を作ってしまいます。食事をするときは、噛むことを意識してゆっくり食べるように心がけましょう。肉食を控え、オリゴ糖や食物繊維の多い食事をとると、ウンチの出が良くなり腸内ではビフィズス菌、乳酸菌などの有用菌が優勢になって、腐敗菌の増殖が妨げられます。
便臭やおならのニオイも、刺激臭のある悪臭から発酵性のものに変わり、悪臭も軽減されるようになります。

 
②    ストレスをたくさん抱えない生活を
あなたは仕事や人間関係などでストレスを感じてはいませんか?
ストレスを感じることによって、便は臭くなると言われています。
というのも、食べ物を消化してくれる消化酵素の一つにペプシンと呼ばれるものがあります。
このペプシンが、ストレスを感じることによって分泌されにくくなってしまうのです。
また、ペプシンの分泌が減ることで、便臭の他に便秘にもなりやすくなります。
転勤や転職などを機に、便臭に悩むようになったという方は、ストレスが大きな原因になっているかもしれません。積極的にリフレッシュや気分転換をして、ストレスと便をため込まないよう心がけましょう。

 
③    食生活が偏ってしまう方はサプリメントがオススメ
お仕事などの都合で毎日きちんとした食事がとれなかったり、好き嫌いが多くて野菜などの食物繊維を十分にとることができない方には、サプリメントがオススメです。
サプリメントには、便秘や便臭改善に一役買ってくれる栄養素や成分が豊富に含まれています。
一から食生活を見直して便秘や便臭を改善するのがベストですが、忙しい毎日、一から変えるとなるとなかなか簡単にできることではありません。
初めは、サプリメントを飲みながら、そして徐々に食生活を見直して、普段の食生活で便秘や便臭に悩まない体を作っていきましょう。


 
便臭の原因は、生活環境による腸内環境の乱れが大きく関係していると言えます。まずは、基本的な生活習慣を心がけることが便臭の対策や予防につながっていきます。便臭で悩んでいる方は、今一度、自分自身の生活習慣を見直すところから始めてみましょう。