美腸で美肌に納豆の力 

皆さん良くご存知の“納豆“
納豆は、栄養豊かで昔から健康食として食べられていますが、好きな人と苦手な人がはっきりしている食品でもありますよね。
しかし、納豆には、身体にとって様々な良い働きがあると言われています。今回は、「美腸・美肌」の観点から納豆の良さを紐解いてみたいと思います。


 
【納豆はどうして美腸に良いの?】
ヒトの腸内には、1000種類以上、600~1000兆個の細菌がいるといわれています。
腸内細菌は、ヒトにとって良い働きをする善玉菌(ビフィズス菌、乳酸菌など)、悪い働きをする悪玉菌(ウェルシュ菌、黄色ブドウ球菌など)、どちらにも属さない日和見菌(大腸菌、バクテロイデスなど)の3つに大別されます
これら腸内細菌は、種類ごとに群をなして腸内にびっしりと敷きつまり、その様子がお花畑のようであることから「腸内フローラ」といわれます。
善玉菌と悪玉菌のバランスが取れている状態が、腸内フローラが整った状態で、腸内フローラが整っていると、腸の蠕動運動が活発になり、排便を促します。

 
では、納豆はこの腸内でどのように働くのでしょう?
納豆に含まれる「納豆菌」「大豆オリゴ糖」「食物繊維」が便秘解消のキーワードです。納豆菌は、その多くが胃酸にやられて死滅してしまうのですが、一部は芽胞として生きたまま腸までたどり着き、ビフィズス菌を増やし、腸内フローラを整えます。
また、「大豆オリゴ糖」「食物繊維」は腸内の善玉菌のエサとなり、その増殖を助けます。
この3つの成分が、腸内フローラを整え、便通を良くします。
 


【納豆で美肌効果】
〜シミやたるみ予防〜
大豆イソフラボンには肌のコラーゲンを増やす効果があります。コラーゲンとは皮膚の内側などを占めるタンパク質のこと。このコラーゲンが現象したり、細胞が破壊されたりすると、しわやたるみを引き起こす原因となります。


 
〜肌荒れ予防〜
また「肌荒れ」の原因の一つに、腸に残った老廃物から発生させる毒素が影響している場合があります。腸に溜まった毒は肌に影響を与えるだけでなく、体中を巡り、様々な老化現象を引き起こす原因になるのです。腸をキレイに保つことは美肌はもちろん、身体を美しく保つ必須事項です。この腸の毒を出してくれるのが納豆レシチンという物質です。
※レシチン
レシチンは聞きなれない言葉かもしれませんが、人間のアンチエイジングに不可欠なものです。人は栄養と取り入れ、不要なものを排出します。このことをデトックスと言います。排毒洗浄作用(デトックス)があるので、腸をキレイにし腸が原因となる肌荒れに効果があります。このレシチンが不足すると悪いもの(毒素など)が身体から出にくくなりますので、身体の老化、見た目の老化、さらには脳の老化などにもつながります。
 


〜保湿効果〜
他にも、納豆に含まれるポリグルタミン酸にはヒアルロン酸の10倍の保水力があり、カサカサ肌を押さえる働きがあります。
 


【納豆は夜に食べるのが1番】
朝ご飯のイメージが強い納豆。しかし、実は夜に食べるとより効果的なのはご存知ですか?
納豆に含まれる成分は様々ですが、そのうちナットウキナーゼには血液に出来てしまった栓、つまり血栓を溶かす効果があります。これは、脳梗塞、心筋梗塞、動脈硬化などの予防にもなります。
実は、このナットウキナーゼは夜に摂取するのがベストなタイミングです。
その理由として、人は寝ている間に血栓を作りやすくなりますが、これを防いでくれるのがナットウキナーゼです。血管とは細胞の1つ1つに栄養を送り届ける大事な役割りをもっており、細胞に栄養が行き渡らないということは、そのまま老化現象に直結します。サラサラの血管を保つためにも、納豆は夜に食べましょう!