ファストフードはデブ菌を増やす 腸食レシピで肥満・糖尿病予防

ハンバーガー、ポテト、ピザ、ドーナツなどのファストフードは手軽でおいしい反面、高カロリーで栄養バランスが悪く、食べ過ぎると肥満や生活習慣病の原因になってしまうことがよく知られていますよね。実は、ファストフードの食べ過ぎは腸内環境にも大きなダメージを与えています!今回は、ファストフードと腸内細菌の関係についてお話しします。
 

【ファストフードは糖質・脂質・塩分の固まり】
ファストフードとは短時間で提供される外食のことです。安くて待たずに食べられる物、例えばハンバーガー、ピザ、フライドチキン、牛丼、うどんなどのお店があります。ファストフードは安くて早くて便利ではありますが、栄養のバランスは良くないものが多いのです。


例えば、
・ハンバーガー…パンの糖質、肉の脂質が多い。味の濃いソースは塩分も高い。
・ポテト…じゃがいもは糖質のかたまり。揚げ油を大量に吸収している。
・ドーナツ…小麦粉と砂糖の糖質が多い。生地のバターや揚げ油の脂質が多い。
・フライドチキン…動物性脂肪、衣が吸収した揚げ油のカロリーが多い。

 
といったように糖質、脂質、塩分は多過ぎるのに、野菜・果物・海藻といった植物性食品はほとんど含まれておらず、体に必要なビタミン・ミネラル・食物繊維が少ない傾向にあります。
忙しいから、好きだからと言って、このような食事が続くと糖質・脂質・塩分の摂取過剰から肥満・高血圧・高脂血症・糖尿病が起こりやすくなります。


 
【ファストフードの食べ過ぎは腸内細菌を大きく悪化!】
さらに、ファストフードを食べ続けると、同じ栄養ばかり摂取するために腸内フローラ(善玉菌のかたまり)のバランスが崩れ、腸内環境が悪化してしまうということが発表されています。
 
実験によると、
23歳の若者にハンバーガー、チキンナゲット、ポテトチップとコーラからなる食事を10日間続けてもらう実験を行いました。その結果、実験前には腸内に3,500種類の腸内菌がいたにも関わらず、10日後には1,300種類が死滅してしまい、腸内フローラが変化してしまったという結果も出ています。
 


このように、毎日の食事のバランスが悪いと腸内で大きく菌がダメージを受けてしまいます。
また、脂肪分の多い食事は悪玉菌のエサになり腸内を悪玉菌優勢の状態にします。腸内フローラのバランスが乱れると、肥満やメタボリックシンドロームの他、糖尿病、アレルギーなどの免疫疾患につながります。
 



【野菜・果物・乳酸菌をしっかり摂りましょう!】
週に何度もファストフードを利用する方は、すでに腸内環境が乱れてしまっている可能性が高いと考えられます。
日頃から、野菜や果物、海藻類、乳酸菌といったものを積極的に食べる生活を心がけていきましょう!


 
野菜は1日350g、果物は200g、ヨーグルトは100g食べるのが理想と言われていますが、ほとんどの方がそれほど食べていないのではないでしょうか?
また、食事で大切なのはスローフードを取り入れていくことです。スローフードとは、食材をふんだんに使い、手間暇をかけて調理した昔ながらの食事のことです。
少しでも、多くの栄養素を摂取して腸内環境を整えることにより、健康的で楽しい食生活を心がけていきましょう♪
 

浅田ゆうき先生考案 腸食レシピ
栄養豊富の旨みたっぷり 具沢山!里芋の甘辛とろとろコロッケ