話題の乳酸菌生産物質 乳酸菌を超えたバイオジェニックス

こんにちは。腸活スタッフです。
 
最近のヨーグルトは「生きて腸まで届く」というのが謳い文句になっていますが、本当のところはどうなんだろう?と思われた方もいるのではないでしょうか?途中で死ぬことがないように、諸々の技術と工夫が詰め込まれていますが、善玉菌などの乳酸菌は胃酸に負けてしまい腸に定住することは難しいと言われています。そんな中、美超習慣をはじめ「バイオジェニックス」というものが注目されています!
 

【乳酸菌とビフィズス菌の違い】
「ビフィズス菌=乳酸菌」と思っている人も多いのではないでしょうか。しかし、分類学的にも菌の性質も異なります。しかし、一方でビフィズス菌も乳酸菌に含まれるという考え方もあるので、この二つの違いを解説します。
 

〜乳酸菌〜
乳酸菌とは、乳酸を作り出して身体によい働きをする細菌の総称で、生物学上の分類である菌属としては「ラクトバチルス(乳酸桿菌)」「ラクトコッカス(乳酸球菌)」などになります。腸内では、主にビフィズス菌のサポート役となり、ビフィズス菌が生息しやすい環境をつくる役割を担っています。腸内に棲む乳酸菌の数は、善玉菌の0.1%以下にあたる1億~1000億個。ビフィズス菌の1万分の1~100分の1の少なさです。

 
〜ビフィズス菌〜
ビフィズス菌は、乳酸と酢酸を作り出す細菌で、生物学上の菌属は「ビフィドバクテリウム」と呼びます。
ビフィズス菌は、糖を分解して乳酸を作り出します。
また、乳酸菌と大きく違うのは、強い殺菌力を持つ酢酸やビタミンB群、葉酸を作り出す点です。
ビフィズス菌は、私たちの腸内に棲む善玉菌の99.9%を占め、その数は乳酸菌の約100~1万倍にあたる1兆~10兆個といわれています。


 
【お腹の中の乳酸菌】
乳酸菌と呼ばれるものには、菌種や菌株によって色々な種類の乳酸菌があり、その働きもそれぞれ異なります。
現在、約200種の乳酸菌がありますが個人によっても腸菅の働きや食習慣の違いにより、乳酸菌の種類や量は異なります。
主要な善玉菌である乳酸菌を多くもっておくことは、健康維持には欠かせません。
人の体内に棲む乳酸菌は、侵入する異物や有害物質をブロックし、恒常性を保つ役割を果たします。
また、同じ乳酸菌でも、種類によって棲む場所が異なります。例えば、テレビやコマーシャルなどでよく聞くビフィズス菌なら大腸に生息し、一方で小腸のみで働く菌もあります。
 


【乳酸菌は生きたまま腸に?定住はできない?】
体内での行動能力にも種類ごとに差があり、大きく分けると、生きたまま腸まで届くものと、胃酸や胆汁などにやられて腸の手前で死滅してしまうものの2種類があります。
生きて腸内に到達できるものは、腸内の善玉菌を増やすのに威力を発揮したり、悪玉菌を退治したりします。しかしこれはごく少数派です。
口から摂取する乳酸菌の、約99%までが腸に辿り着かないまま死滅すると言われています。
また、腸まで辿り着いたからといって、腸内に一定期間滞在して、そのまま棲みつけるとは限りません。なぜなら、腸には、体との相性の良くない菌を排除する「免疫反応」があるからです。そのため、便と一緒に、外に排泄されてしまいます。このことから、もともと腸内に定住している菌を「常在菌」、一定期間過ぎると出て行ってしまう菌を「外来菌」と呼んで区別します。


 
【乳酸菌を超えるバイオジェニックス】
最近のヨーグルトはみな、「生きて腸まで届く」というのが謳い文句になっていますが、先述した通り胃酸に負けて途中で死んでしまったり、外来菌をいくら取り入れても時期が来ればいなくなってしまいます。
つまり、腸内の乳酸菌を増やしたければ赤ちゃんの頃から腸内に棲んでいる、常在菌を増やすことを考えなければなりません。
そのような効果を持つのは乳酸菌そのものではなく、「バイオジェニックス」です。
簡単に言うと、自分の腸内の弱っている善玉菌(乳酸菌)を増やす助けをします。
美超習慣は豆乳を培地にして16種35株の乳酸菌を培養し得られた「乳酸菌生産物質」を摂ることで、弱ってしまっている腸の働きをサポートしながら、善玉菌の作り出す栄養素という恩恵をダイレクトに得ることができるというものです。
 


「乳酸菌」と名前についているだけで、「なんとなく体に良さそう」と飛びついていませんか?
「バイオジェニックス」は腸内フローラを介さずに、直接作用するのが大きな特徴で今、大変注目されていますよ!