デトックス・ダイエット効果 腸内セルフ洗浄で腸内洗浄

こんにちは。腸活スタッフです。
「腸内洗浄」という言葉をご存知でしょうか?読んで字の如く、腸の中のお掃除をするという行為です。メディアなどで紹介されたことにより少し話題になりました。管を肛門から挿入し適温まで温めた滅菌蒸留水や、コーヒーの成分から作られる液を注入して排便させる場合に取られる医療行為です。

最近では、自宅でも簡単に行える腸内洗浄キットも販売されているようですが、腸にノズルを挿入する際に腸の粘膜を傷つけてしまい、腸に穴が開いたり・・・死亡例も報告されています。正しい腸内洗浄の方法“経口セルフ腸内洗浄”で腸の状態を改善していきましょう!

 

【腸内洗浄とは】
腸内洗浄とは、清潔な温水を大腸内に注入をしてたまった便を排出させる方法です。
便秘を解消させる方法は色々ありますが、頑固な便秘の場合、たとえ薬に頼っても便が出にくいこともあるでしょう。また、長年便秘がちだと「宿便」といって排出しきれない便が腸内にたまり、悪玉菌の発生原因となります。
腸内洗浄をすれば、このような宿便もすっきりと洗い流せる!と言われています。
 

腸内洗浄のメリットは、
①    腸内がキレイになる
②    ダイエット効果(お腹に溜まっていた便が排泄されることで、ぽっこりお腹解消)
③    デトックス効果(便が腐ると毒素が発生⇨腸内から毒素を排泄し血液もキレイに)


 
【誤った腸内洗浄の危険性】
しかし、腸内洗浄はメリットばかりではありません。先述した通り、最近では自宅で簡単に“腸内洗浄キット”が販売されているようですが、腸を傷つける危険があります。傷ができると感染症の恐れもあったり、腸に穴が開いてしまったという報告例もあります。

 
また、腸内洗浄をすることで大腸に溜まっていた全てのものが排泄されるので、「宿便」も取り除くことができる一方、これまで腸内に生きていた善玉菌までなくなってしまいます。(※多くの病院では腸内洗浄の後にビフィズス菌などの錠剤が処方され、食事指導が行われます。)


 
【“経口セルフ腸内洗浄”でスッキリきれいに♪】
月に1度か2度のペースで腸内をリセットしたいという人には、市販のマグネシウム系下剤で行う腸内洗浄がよいでしょう。
これは腸内の浸透圧を高くし、腸内に水分を引き寄せるという作用があります。これによって腸管に張り付いていた固形物も剥がれ落ち、排出が促され腸内洗浄ができます。
 


〜休日を使って行う「経口セルフ腸内洗浄」〜
①    休日の前日の夜に「マグネシウム系下剤」をたっぷりの水分と共に飲む

②    翌日(休日)の午前中には、便意を催すでしょう。翌日は起床後から、こまめに水を摂取し、出来れば「断食」をする。(水の摂取目安は1.5〜2リットル)

③   便を出した翌日から、軽食(おかゆやバナナ)に加え、たっぷりのヨーグルトを3食とる。

④ 3日目〜は上記に加え、野菜類などの食物繊維をたっぷりと摂り、肉類などの動物性たんぱく質や動物性油脂は避けた食事を心掛ける。
 

1週間程度上記の様な食事を続ける事が望ましいですが、
無理な場合は、3日目からは通常の食事に戻しても構いません。
 


=================================
腸内洗浄は、一時期テレビでも取り上げられ話題にもなりました。
しかし、腸内洗浄は頻繁に行うとはデメリットも伴います。腸内洗浄を行ったら、善玉菌を増やす工夫をするのはもちろんのこと、腸内環境を整えるには普段の食生活や運動、生活習慣などを見直すことが1番大切であることを忘れないでください。