サプリメントと薬について  美超習慣の摂取タイミング

こんにちは。腸活スタッフです。
健康志向が高まるにつれて、サプリメントを摂ることで体の調子を整えようとする方が増えています。しかし、これといった不調もないのに、なんとなく薬のようなものを飲むことに抵抗のある方も多いようです。そもそも、サプリメントは何かと言われると、きちんと答えられる人はそう多くはないかもしれません。
私たちが普段飲むお薬とは何が違うのでしょうか?今回は、サプリメントの知識を深めていきましょう!

 
【サプリメントの役割とは】
サプリメントは、正式には「ダイエタリー・サプリメント」といいます。錠剤タイプのものが多く、見た目からよく勘違いされますが、薬ではなく「食品」に分類されます。正式名称を聞いたところであまりピンとこないかもしれませんが、この言葉には、「不足する栄養素を補う」という意味があります。つまり、サプリメントは普段食べている食事の中で、足りないものを補ってあげるという役割があります。

そのため、本当にバランスのとれた食事を毎日とることができている人は、本当はサプリメントはいらないのですが、忙しい現代人にとっては、それがなかなか難しいことです。
最近はダイエットを目的としたサプリメントもありますが、サプリメントは本来、普段の食事の中で、どうしても足りないものを栄養補給してあげるために飲む、という摂取の仕方が正しいのです。
 

【サプリメントと薬の違い】
薬とサプリメントの何が違うかというと、薬は薬事法という法律に基づく、厚生労働省の検査をくぐりぬけたものに限られ、効果や効能を言うことができます。しかし、効果がある反面、副作用を引き起こす可能性もあるので、医師の処方箋や、薬局などでないと手に入れることができません。
それに比べて、サプリメントは比較的手軽に手に入れることができます。コンビニでも手軽に購入できます。今まではさも薬であるかのような錠剤のイメージが強かったですが、最近では「食べるサプリ」などといって、ガムやウエハースといった、お菓子の形状になったようなものもあります。

 
【飲むタイミングについて】
せっかくサプリメントを飲むのだから、より吸収されて効果的にパワーを発揮してもらいたいものです。そのためにはいつ、どんなタイミングで飲むのがいいのでしょうか?そもそも飲むタイミングによって効果は変わってくるのか・・・

 
「食前に1錠」「食後に2錠」「1日2回まで」と、飲む量とタイミングが決められているのはお薬です。処方薬であれば、医師や薬剤師から説明があります。けれど、サプリメントのパッケージには「1日2~4粒を目安に」といった、おおまかな記載があるだけで、特に飲む時間を指定してはいません。
これは薬事法という法律によって、“食品”であるサプリメントが医薬品や医薬部外品などの薬と間違われないようにするためです。科学的な裏づけに基づいて、ほぼ単一の有効成分からなる、あるいは、半減期(薬の作用する時間)が明確な医薬品とは異なり、サプリメントは大体が複数の食品成分を配合している為、明確なタイミングを指定できないということも理由の一つに挙げられるでしょう。サプリメントはあくまで健康補助食品。通常の食べ物と同じで、効果効能が明確にあると言えるものではないため、基本的に飲むタイミングを指定することはできません。
 


【美超習慣のベストな摂取のタイミング】
サプリメントにもよりますが、ベストな摂取のタイミングはあります。
美超習慣も食べ方についての制限はありません。

ただ、強いて言うならば、人間にとって午前中というのは、排泄の時間になります。それに合わせて、朝スッキリと出すのが健康を考えた上で良いので、夕食時あるいは、夕食後、そして就寝時間の3時間ほど前までにはお飲み頂き、更に、朝起きてからお飲みいただくのが良いです。
もちろん、朝食時でも構いません。ジュースに混ぜて、料理に混ぜて、あるいは直接と、お好みの方法でお召し上がりください。