食事と生活習慣で改善 大人ニキビの原因と治し方

こんにちは。腸活スタッフです。
大人ニキビという言葉を聞いたことがありますか?
ニキビというのは10代の思春期に最もできやすいために、かつては思春期のシンボルとされていました。

ところが最近では、20代以降の大人になってからも、ニキビに悩まされている人が少なくありません。思春期のニキビと区別するために、大人ニキビと呼ばれています。大人ニキビとはどういうものなのか、お話します。
 


【大人ニキビの特徴】
大人ニキビの特徴として、ニキビのできる箇所が思春期ニキビと異なります。
大人ニキビでは、顎、口の周り、フェイスライン、首などに最もできやすいです。
みなさんも記憶にあるかもしれませんが、思春期の頃は、おでこや鼻などのいわゆるTゾーンによくニキビができます。

 
【思春期ニキビと大人ニキビ】
思春期というのは、人間の身体が最も成長する時期です。
身体を成長させるために、多くの成長ホルモンが分泌されます。
 この成長ホルモンによって、皮脂が必要以上に分泌され、結果的に毛穴が詰まりやすい状態になります。その結果、Tゾーンにニキビができやすくなります。

一方で大人ニキビというのは、さまざまな原因が考えられ、人それぞれに原因が異なります。
具体的には、食生活が不規則になったり、睡眠時間が少なくなったり、ストレスを抱え込んでいたりすると、大人ニキビができやすいです。
また、便秘が肌に良くないことはご存知の方も多いと思います。ニキビだけでなく肌トラブルすべてを改善したいと思うのであれば、毎日老廃物を排出し、体内に老廃物を溜めないことが大事です。汚れた腸は、決して肌には良くありません。
 

【生活のなかで改善する大人ニキビ】
先述した通り、ニキビの原因は食生活の乱れや、生活習慣の乱れによるものです。食生活や生活習慣を見直し、大人ニキビを撃退しましょう!
 
 

〜食生活編〜
食生活の改善としては、
・ニキビを予防する
皮脂の分泌を抑制する役割を果たすビタミンB2が含まれている食材がオススメです。
⇨ビタミンB2は、牛乳、チーズ、魚肉、卵、鳥・牛のレバー、うなぎ、ズワイガニ、干し椎茸などの食べ物に多く含まれています。

 
・ニキビを治す
ニキビを治すには、肌の潤い補給や肌のターンオーバーの正常化、免疫強化などをしてくれるビタミンCが含まれた食べ物もオススメです。
⇨ビタミンCは、ピーマン、ほうれん草、ブロッコリー、さつまいも、もやし、大根、アセロラ、イチゴ、ミカン、柿、レモンなどに多く含まれています。

 
〜生活習慣(睡眠編)〜
睡眠もまた、大人ニキビと大きな関わりがあります。そのため、しっかり睡眠をとって、肌にストレスを与えないようにすることが大切です。
なぜ睡眠不足がニキビに繋がるのかというと、寝ている時に成長ホルモンが分泌され、肌のダメージを回復・再生してくれるからです。また睡眠不足はホルモンバランスや自律神経のバランスも乱れてしまうので、ニキビだけでなく肌すべてに良い影響を与えません。成長ホルモンがもっとも分泌されやすい時間は、夜の10時~深夜2時の間。この時間帯には就寝することを心がけましょう。
 

また、普段寝ていないからと言って、週末(休日)に寝だめをするのもNGです。毎日決まった時間に寝て起きるのが、もっとも肌改善に良い方法と言えるでしょう。
ただ、睡眠を長く取ったら良いわけではなく、質の高い睡眠を心がけないといけません。自分にしっかりとあった枕や布団を使用したり、ぐっすり眠れるように暖かいお風呂に入ったり・・・ぐっすりと眠って、ニキビ改善を図ることができます。
 

栄養バランスの良い食生活やストレスを減らすこと、不規則な生活からの脱することが、大人ニキビを攻略する近道です。