肥満とストレスの関係 腸活でメタボ改善

こんにちは。腸活スタッフです。

肥満は万病の元・・・・肥満が続くと、高血圧、脂質異常症(高脂血症)、糖尿病などの生活習慣病にかかりやすくなることが分かっています。また、これらの病気を併せもった状態を「メタボリックシンドローム」と呼び、1つひとつは軽度でも重なると動脈硬化を促進する大きな要因となり、その結果、心筋梗塞や脳梗塞などの命にかかわる病気を発症するリスクも高まることが最近、注目されています。

「私はもともと肥満体質だから・・・」と諦めていませんか?あなたの生活習慣は大丈夫ですか?自身の生活を見直していくことがダイエットの第一歩ですよ!
 


【どのくらい太っていると肥満?】
医学的には、 BMI指数、体脂肪率、腹囲が目安です。
肥満の判定には、身長と体重から算出されるBMI(ボディ・マス・インデックス)指数が世界的に使用されています。これは体重を身長の2乗で割った数値で、日本肥満学会ではBMI指数25以上を肥満としています。

 また、医学的に肥満といった場合には、単に体重が重いというだけでなく、脂肪の量が問題になります。脂肪が体重に占める割合を体脂肪率といいますが、この数値も肥満の判定の目安の1つです。さらに近年では、脂肪が体のどこについているか、その分布の仕方が健康とかかわりが深いことが分かっています。健康上問題が多いのは、お腹の筋肉の内側にある内臓脂肪が多い内臓脂肪型肥満と呼ばれるタイプです。男性ではへそ周り(腹囲)85cm以上、女性では90cm以上の人は、内臓脂肪型肥満が強く疑われます。
 


【あなたの生活習慣は大丈夫ですか?】
基本的には、食べ過ぎと運動不足が肥満の原因になるといわれてきました。また、肥満者は食事を食べるのが早い、動物性脂肪の摂取量が多い、食事の内容がアンバランスなど、食事に関係する生活習慣が肥満の大きな要因となっています。
さらには、肥満者には睡眠時間が短い人が多く、定期的に運動をしている人が少ない、興味深いのは、肥満者には「歯磨き習慣(毎食後に歯を磨いている)」と答えた人が少ないというデータも出ています。
 


【ストレスと肥満の関係】
ストレスと肥満の関係については、男性と女性とでは異なる結果になるというデータも出ています。
ストレスは食欲の低下を引き起こすこともあれば、逆にストレスから過食に走り、肥満に結びつくこともあります。
男性の肥満者では「家族関係が良好である」と答えた人が多かったのに対し、女性の肥満者では少ないという結果も出ています。
家族関係が良好でストレスの少ない状況下では男性は太りやすく、女性の場合は家庭円満でストレスの少ない人のほうがスリムな体型を維持しようと努力するのかもしれません。
 


【日本食で肥満改善】
生活習慣病や肥満を予防・改善するために、ごはんを主食とした日本の食文化の再評価がはじまっています。日本食は、「一汁三菜」(主食・主菜・副菜・汁物)という構成が伝統になっています。そして日本食のおかずとして、魚が多く使われ、豆腐や納豆などの豆類が多く、野菜が豊富で脂肪が少ないことが特徴です。
 

「まごわやさしい」を念頭に置き、できるだけ多く献立にいれられるようにしましょう。大豆の五目煮、ヒジキの煮物、ホウレンソウの白和えなどを献立に入れれば、「まごわやさしい」食材を多く摂取できます。
いずれも、昔から日本人に馴染みのあるメニューです。味噌汁は、野菜を多く摂れる一品です。味噌も、発酵食品で身体に良いので、和食には欠かせません。


 
腸活Lab.では 管理栄養士 浅田ゆうき先生より「腸に良い腸食」をテーマに腸食
レシピを考案しております。
家庭で作れる簡単 腸食レシピを参考に和食を中心の食生活を心がけてみてくださいね♪