ガンを引き起こす腸内細菌とガンを予防する腸内細菌 〜ガン予防のための和食レシピ〜

こんにちは。腸活スタッフです。
 
腸内細菌は私たちが食べたものを分解し、それを食べて(栄養にして、エネルギーとして)生きていますが、その時に様々な物質を放出します。この物質が私たちの体にとって重要な働きをしているのです。その効果は肥満予防だけでなく、老化防止、薄毛予防、糖尿病予防、貧血予防、血栓予防、アレルギー予防など、様々です。
しかし、そんな腸内細菌は私たちの身体に嬉しい効果をもたらすだけではありません。近年ではガンを引き起こす細菌も発見されています。本日は、ガンと腸内細菌のお話です。
 


【ガンを引き起こす腸内細菌】
近年、癌を引き起こす腸内細菌の新種「アリアケ菌」(悪玉菌の一種)が発見されました。
このアリアケ菌はDCAという物質を出します。
DCAはヒトの細胞に作用して、細胞の老化を引き起こします。
老化した細胞は発ガン性物質をまきちらし周囲に癌をつくります。(参考文献:2013年 サイエンス誌)


 
【肥満とガン】
肥満になるとアリアケ菌が大幅に増えます。
以前から、大腸がんは太った人に多いと言われていました。(因みに大腸がんは女性の死亡原因の第一位です。)
また、女性のがんのトップである大腸がんは太っている人に多いと報告されているので、このアリアケ菌との関連性が指摘されています。
肥満はがんを誘発すると言われていましたが、はっきりとした原因はわかっていなかったので、これは肥満が癌に関係していることを示す重要な発見です。
逆を言えば、このアリアケ菌の発生を抑制すれば、がんの予防につながると考えられています。
 


【ガンを予防する腸内細菌】
腸内細菌の1つであるナッツ菌は前立腺ガンを予防する働きがあることが明らかになりました。
 ナッツ菌(NATTS菌)とは、発見者名のイニシャルを並べて命名されたものです。
大豆イソフラボン(ダイゼイン)を変換してシワを予防するエクオールを産生する酵素がナッツ菌であると言われています。そのためこのエクオールに前立腺がん細胞の増殖を抑制する作用があることがわかっています。
しかし、エクオールを産生するナッツ菌は、日本人女性の約半数しか持ってないと言われています。40歳代以下の若い人にナッツ菌の保有者が極端に少ないことがわかっており、 若い人に少ない理由としては、欧米化した食習慣が影響していると言われています。


 
【ガンを抑える生活〜食事とガン〜】
ガンは私たちの食生活の変化にも大きく関係があります。
まずは、食生活を見直して腸内の善玉菌を増やすように努力しましょう。
 

①    高脂肪の食事は要注意
高脂肪で繊維の少ない食事は腸内細菌による発ガン性物質の生産を助長します。高脂肪食を摂ると、脂肪を消化するため胆汁の分泌量が多くなり、これが腸内細菌によって代謝されて、二次胆汁酸となり、大腸発ガンになることが知られています。
⇨日本人にとって伝統的な和食は、低脂肪、低たんぱく質、食物繊維が豊富で腸内環境を整えるのには理想的な食事です。
 

②    食物繊維が豊富な食生活が理想

⇨食物繊維は、発ガン物質を吸着し、また便の量を増やすことにより、腸内の発ガン物質と腸粘膜との接触を減少させる効果があります。
美超習慣に含まれる食物繊維は、グァー豆酵素分解物と言われます。
グァーガム酵素分解物には、豊富な水溶性食物繊維が含まれており、摂りすぎてもお腹が緩くなることが少ないとされています。
 
=================================

美超習慣を使用した和食レシピをご紹介します!

〜シャキシャキふわふわ!根菜と蓮根団子のつくね風〜
<食物繊維  1.81g⇨美超習慣プラスで⇒食物繊維 約4.81g摂取!!>

 =================================

食生活を見直して腸内の善玉菌を増やすことは大腸ガン予防に役立ちます。日本食は低脂肪、低たんぱく質、高食物繊維と腸内環境を整えるのにはぴったりです。さらにサプリメントなどで乳酸菌を積極的に補えば、より効率的に腸内の善玉菌を増やすことができます。気づいたときには、深刻化している場合の多い大腸ガン。日々の心がけで、予防に努めましょう。