腸内環境を整える もち麦の美腸中華風リゾット

こんにちは。
 季節の変わり目になり、何となく体が重く、疲れているように感じる方もおられるのでは……!!
そんな時は、気分転換の趣味や運動、十分な睡眠に積極的に時間をとりたいところです。それに加え、
食事も体を元気にする食材を使った料理を食べたいですね。

今回は、生姜やニンニクなどの食欲促進・疲労回復効果のある食材とネギや、きのこ類、野菜などのデトックス効果の期待できる食材と組み合わせて、優しく食べやすい味付けの中華風リゾットにしてみました♪ レシピでは、手羽先を使用していますが、お子さんなどがおられる家庭では食べやすさに考慮して鶏もも肉などで代用してみて下さい!!

【もち麦の美腸中華風リゾット】

(1人分 エネルギー:305.1 kcal 食物繊維: 6.691g→美超習慣プラス9.691g)

材料
(2人分)
・手羽先……4本
・人参……1/2本
・玉ねぎ……1/2個
・長ねぎ……1/3本
・干ししいたけ……3g
・しめじ……30g
・もち麦……50g
(はと麦や玄米に代えても可)
・しょうが……1片
・ニンニク……1/2片
・鶏がらだし(顆粒)……小さじ2.5
・塩……小さじ1/3
・水……400ml
・ごま油……大さじ1
・こしょう……少々
 
(お好みで)
・じゃがいも……1個

作り方

  1. 人参は5cm長さに切り、縦に4つに割る、玉ねぎ、じゃがいもは食べやすい大きさに切る(煮込むので大きめに切ると良い) しめじは石づきを除いてほぐす
  2. 干ししいたけは水で戻し、みじん切りにする
  3. 長ねぎ、にんにく、生姜もみじん切りにする
  4. 鍋にごま油大さじ1/2を入れて熱し、手羽先を少し焦げ目がつく程度焼き取り出す
  5. 鍋の油をさっと拭いて、大さじ1/2のごま油を加え、にんにく、しょうが、長ねぎ、干ししいたけを入れしんなりするまで炒める
  6. そこに、手羽先、1の材料、もち麦を入れ、水、鶏ガラだしを加え蓋をして20~30分ほど煮込む     *途中水分が足りないようなら、少量の水を加える
  7. 塩を加え味を整えたら、美超習慣1~2包を加え混ぜる
  8. 器に盛ってこしょうをお好みでふる

手羽先は、よく知られているようにタンパク質の一種であるコラーゲンが豊富で皮膚や血管を丈夫にし、老化を防ぐ効果が期待できます。


もち麦は、ビールの材料や麦茶、麦ごはんで使われている大麦の一種です。丁度、お米のもち米のように麦にも「もち種」があり、それに相当するもち麦は加熱するともちもちとした粘りが出て、とても食べやすいです。大麦の食物繊維は、白米の25倍、玄米の4倍とも言われており、その食物繊維にはβ―グルカンという水溶性の食物繊維が豊富です。β―グルカンは、腸の免疫力を高め活発にし、便通をよくする効果が期待できます。そのほか、食後の急激な血糖値の上昇を抑え、体内のコレステロールを絡めとって排出してくれる働きもあるので動脈硬化予防も期待できるなど、私たちの体にとっては嬉しい働きが沢山期待できます。


もち麦の他に、はと麦や玄米に代えても豊富な食物繊維やビタミン・ミネラルなどそれぞれの優れた栄養素の摂取が期待でき、いずれも腸内環境を整える上で有効な働きが期待できます。
いつものご飯に混ぜて炊くほかにも、様々な栄養価の高い穀物を普段の料理の中にも美味しく加えてみて下さい♪