腸の病気『腸閉塞』と便秘の違い 病気の予防策

こんにちは。腸活スタッフです。
老若男女問わず誰でも発症する可能性がある病気・・・「腸閉塞」
便秘と似たような症状があるため「どうせ便秘だろう」と放置していたら、実は腸閉塞だったというケースもありまます。
今回は、腸閉塞とはどんな病気で、どんな症状があらわれるかなど詳しく紹介していきます。

 
【腸閉塞ってどんな病気?】
腸閉塞は、腸内にある食べ物や消化液などの流れが何らかの原因により止まってしまう状態です。腸がふさがれると、食べ物や消化液が吸収されず溜まってしまい、腸が膨らみ様々な症状があらわれます。


 
【腸閉塞の症状】
腸閉塞の主な症状は、
急なお腹の張り、激しい腹痛、吐き気、嘔吐などで、腸が詰まった瞬間に、突然あらわれるのが特徴です。
 
刺すような激しい腹痛の後、しばらくすると症状が和らぎますが、同時に嘔吐の症状があらわれます。症状が進むと、小腸や腸内の内容物が逆流して便臭を伴うこともあります。
 
また腸内に大量の水分が溜まるため、身体全体は脱水症状になり、発熱、冷や汗、頻脈、意識混濁、血圧低下、血液濃縮といったショック状態が現れる場合もあります。このショック状態になった場合は一刻も早く手術をしなければなりません。
 


【腸閉塞と便秘の違い】
便秘はご存知の通り、便が出にくい状態のこと。ストレスや緊張により腸が痙攣したり、食生活の偏りで起こる症状です。
通常の便秘は、腸の水分が少なくなることで便が硬くなり、腸内に便が停滞してしまう状態で、腸自体に大きな異常があるわけではありません。
その点、腸閉塞は腸自体の問題によって、その一部が狭くなり、便が詰まっているという違いがあります。ただし腸閉塞が原因の場合、症状の進行が便秘の進行と重なるので、さほど急激な症状は起こりません。
 


【腸閉塞の予防策】
腸閉塞の予防で最も大切なのは、腸を詰まらせないこと。そのため、日頃から次のようなことに留意しましょう。
 
①    排便習慣をつける
まず大前提として、腸を詰まらせないためには、規則正しい排便習慣をつけることが大切です。
そのために重要なのが食事です。乳酸菌を含むヨーグルトなど整腸作用のある食べ物を積極的に摂るようにしましょう。
また、便通を整えるには食物繊維を摂るのも効果的ですが、高齢者の場合は食物繊維を摂りすぎると、かえって腸を詰まらせる原因にもなるので、注意しましょう。
 

②    消化しやすい食品を食べる
食べ過ぎや早食いは腸の働きを悪化させ、腸閉塞を誘発しやすくなります。水分をこまめに取り、消化の良い食べ物を選ぶようにしましょう。
 

また腸閉塞の再発予防にも、食事療法が特に重要です。ゴボウ、セロリ、ゼンマイ、たけのこ、フキなどの不溶性食物繊維は、腸に負担がかかるので避けるようにしましょう。
 

消化しやすい食品
・肉類・・・牛肉、豚肉、皮なし鶏肉、鶏ささみ
・魚類・・・白身魚
・卵・・・鶏卵、うずらの卵
・豆類・・・豆腐、高野豆腐、こしあん、ひき割り納豆など
・穀類・・・お粥、食パン、うどん、マカロニ、スパゲティなど
・芋類・・・じゃがいも、サトイモ、長芋など
・果物・・・りんご、もも、バナナ、缶詰類、コンポートなど


 
大腸がんは腸閉塞の原因となります。早期に発見することが何よりも大切なので、定期的に病院や検査機関等で検診を受けるようにしましょう。