腸内フローラの乱れ 悪玉菌を増やす3要因

こんにちは。腸活スタッフです。
先日ハロウィンも終わったと思ったら、店内にはちらほらとクリスマスグッズが見られます!都内などでも11月はイルミネーションの点灯式が各地で行われるようで、今年も素敵なイルミネーションが見られるのは楽しみですね♪

先日、腸内細菌と腸内フローラについて簡単に説明させていただきました。
善玉菌は、成年期にピークを迎えその後、加齢とともに減少傾向になり、反対に悪玉菌は増加傾向にあります。


今回は加齢以外に腸内の悪玉菌を増やす原因を3ジャンルに分類☆
1つでも2つでも、当てはまる数が多いほど腸内フローラは荒れていると心得て!!!

-----------------------------------------------------------------------------------------
【食生活の乱れ】
□脂っこいものをよく食べる
□朝食を抜くことが多い
□週に4回以上は外食だ
□胃が空っぽになる前に食事を摂っている
□お酒がとても好きだ
□食事は肉中心である
□野菜やフルーツをあまり摂らない
□水分補給が少ない

◆腸が元気に働く食事を心がけ、善玉菌をどんどん活性化して!
⇒肉や魚などの動物性タンパク質は、悪玉菌のエサになりやすいので控えめに。
また、よく噛むことやこまめな水分補給を心がけるなど、胃腸そのものの働きを促進することも大事です。
朝食後に便通を促す蠕動(ぜんどう)運動が起こるので、朝食を抜くのは避けましょう。

-----------------------------------------------------------------------------------------
【睡眠&運動不足】
□夜更かしや寝坊が多い
□寝不足気味である
□朝、すっきりと起きられない
□生活が不規則だ
□最近特に運動していない
□普段からあまり歩かない
□骨盤が歪んでいるように感じる

◆運動と質の良い睡眠は腸内細菌にも好影響
⇒自律神経を整えることは、快便の鉄則です!また、朝の排便には、睡眠時の腸のぜんどう運動がとても重要な鍵を握っているので、寝不足は厳禁です。
運動は自律神経を整え、代謝が上がるので便秘解消にも繋がります!

-----------------------------------------------------------------------------------------
【ストレスフルな生活】
□ここのところやる気が出ない
□すぐにイライラしてしまう
□なんとなく疲れやすい
□仕事はデスクワークが多い
□休日もあまり外に出たくならない
□食欲がない
□ハードワークが続いている
□神経質な性格である

◆実は腸と心は密接につながっている!
⇒心の乱れは腸の乱れの原因です。神経質な人は、季節の変わり目に腸の調子を崩すことも多いとか・・・
また、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンなどは腸内で作られます。しかし、ストレスがその生成を妨げる原因に・・・趣味を楽しんだり、運動して汗を流したり、本を読んだりと自身の発散方法できるだけストレスの軽減を心がけたいですね!


いかがでしたか?
まずは、腸内フローラを乱す原因が何なのか気づくのが第一歩。悪い点をひとつひとつ改めて、善玉菌が優勢な、強くて美しい花畑を作っていきましょう♪♪