美肌効果 ダイエット効果 飲む腸活「えごま油」

こんにちは。腸活スタッフです。
 

以前は、あまり認知されていなかった「えごま油」とはどんなものか、何に効果があるかご存知ですか?
あまり聞き慣れないかもしれませんが、えごま油は私たちの体にとって良い働きをしてくれるので、健康的にキレイになるために積極的に摂りたい、“飲む腸活”と言われている「えごま油」
今回はえごま油の効果など、えごま油の魅力についてご紹介します!


 
【えごま油とは】
えごま油とはシソ科の植物で、その種子から抽出された油が「えごま油」です。(※しそ油と呼ばれることもあります。)
えごま油には、「α-リノレン酸」という成分が豊富に含まれています。

 

【えごま油の効果・効能】
α-リノレン酸を豊富に含む「えごま油」には、健康に良い働きがたくさんあります!
 

①    ダイエット
えごま油に含まれるα-リノレン酸は、脂肪を分解する酵素リパーゼを活性化して脂肪を燃焼しやすくします。
そのため、えごま油は体に溜まりにくく、他の食品などで摂った脂肪分まで燃焼しやすく働きます。


 
②美肌(ニキビ・シワ予防など)
α-リノレン酸には抗炎症作用があり、ニキビの原因となる菌の増加を防ぐのでニキビ予防に効果的です。
さらに、肌の潤いを保つコラーゲンの生成を助けます。コラーゲン生成を促す事で肌にハリ・潤いが出るので、シワなどの予防にも良いでしょう。
コラーゲンは年齢とともに生成する力が弱まるため、年齢にシワやハリに悩んでいる方は、積極的にえごま油を摂ると良いでしょう。


 
その他にも、
・血流改善、血栓予防効果
・アレルギー抑制(花粉症、アトピー性皮膚炎など)
・老化予防
・うつの軽減
・中性脂肪・血中コレステロールの軽減
・高血圧の予防
・糖尿病の予防
・動脈硬化・不整脈の予防
・脳卒中の予防
・ガンの予防(特に乳がん、肺がん、大腸がんに有効)
・視力アップ
・脂肪肝の予防


 
【えごま油の摂取量と上手な摂り方】
えごま油の目標摂取量は、1日2g以上とされています。量にすると小さじ1杯程度です。
えごま油は酸化しやすく、特に酸素に触れたり、加熱すると酸化のスピードが速まります。酸化してしまうと、摂取した時の効果が薄れてしまう場合があります。
効果を下げずに摂取するには、そのまま摂取するか、ドレッシングオイルとして料理に用いると良いでしょう。サラダ、カルパッチョ、和え物などに調理すると、加熱することなく、そのまま摂取することが出来ます。
 

えごま油は、各種病気の予防やダイエットなど、アンチエイジング効果もあるので人気を集めています!皆さんも、ぜひ飲む腸活「えごま油」を試してみてくださいね♪