菌を食べて便秘解消! 話題の菌活ダイエット

こんにちは。腸活スタッフです。
腸活を始め、婚活、妊活など、「○○活」という言葉が流行り始めてだいぶ経ちますが、「菌活」という言葉はご存知でしょうか?
近頃、話題の「菌活」はダイエットや美容効果にもつながるとして、話題となっています。今回は、腸活にも関わる「菌活」についてご紹介します!


 
【菌活って?】
菌活とは、身体にとって良い働きをする菌を積極的に食生活に取り入れる活動のことです。
主に、発酵食品やキノコなどのことなどの菌から取り入れます。
腸内の善玉菌を育て、腸内環境も整えることができ、その結果、代謝や免疫力が高まり美容にも健康にも効果が現れるのです。
 


【菌の働きについて】
一口に菌と言っても、菌はとても種類が多く、それぞれ違った働きがあります。
 
・きのこ類(しめじ、まいたけ、エリンギ、えのき、なめこ、しいたけなど…)
「キノコキトサン」とは、きのこからとれる菌です。難しい言い方をすると、β-グルカンとキトサンからなる複合食物繊維です。
きのこは、「菌活」の最大の食材として注目されています。免疫力アップのほか、肌荒れ防止に役立つビタミンB群を豊富に含んでいます。食物繊維も豊富な上に、低カロリーなので、ダイエットにもぴったりの美容食材です。
 

=========================================================


・納豆菌(納豆)
納豆を作り出す菌です。「ナットウキナーゼ」という成分が含まれていて、血栓を溶解する作用があり動脈硬化を予防します。また、ビタミンKが豊富で骨粗鬆症の予防にも効果があります。


 
・麹菌(味噌・しょうゆ・塩麹・醤油麹・甘酒など)
加熱した穀類に繁殖する菌です。消化の補助と、うまみ成分アップの効果があります。また腸内環境を整え、お通じを良くしてくれます。
 


・乳酸菌(ヨーグルト・チーズ・キムチ・漬物など)
ヨーグルトを作るときのビフィズス菌やガセリ菌も乳酸菌のひとつです。
花粉症予防の1つとして知られています。
 


・酢酸菌(酢、ナタデココなど)
アルコールを酢酸に変える菌です。酢酸は細胞の中に入るとクエン酸に変わり、疲労回復の効果があります。また、酢には内臓脂肪を減らす働きがあり、高血圧・高血糖・高コレステロールの予防にも効果があります。
 


・酵母菌(ワイン、日本酒、パン、しょうゆなど)
お酒やパン、味噌を作るときに用いられる菌です。糖質や脂質を分解する働きがあり、高血糖を予防する効果があります。また、腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えてお通じを良くしてくれます。


==========================================================

 
【菌活で嬉しい効果】
菌活で得られる嬉しい効果はたくさんあります!

①ダイエット効果
菌活の中でもきのこはダイエットに最適の食品。100g当たり20kcalと低カロリーです。きのこに豊富な食物繊維は腸をキレイにする働きがあるため、代謝が高まり痩せやすいカラダになります。また、きのこのキノコキトサンには、脂肪の吸収を抑えて排出を促す働きがあります。
 


②便秘予防
便秘の原因の一つに悪玉菌の増加がありますが、善玉菌を増やすことにより腸内環境が整えられ、便秘の解消に繋がります。また、食物繊維の多いきのこを食べることでお通じが良くなります。
 


③美肌効果
発酵食品には抗酸化作用があり、お肌の老化を抑える働きがあります。また善玉菌が増えることで腸内環境が整い、老廃物の排出を促すことで、吹き出物やニキビの改善に繋がります。さらに、納豆や味噌などの原料となる大豆にはイソフラボンが含まれていて、血液をサラサラにしたり、肌や髪のツヤやハリを保ったりする効果があります。


 
菌活はこんなにもたくさんのメリットがあります!大事なのは、食事で摂取した菌は3日ほどで便と一緒に体外へ排泄されてしまうので、毎日とり入れることが大切です。
また、複数の菌を摂ることで、相乗効果も期待できます。納豆×キムチ、なめこの味噌汁、キムチとチーズのチヂミなど色々アレンジしてみるのもいいですね♪